• 感情と正直に向き合う
    「この子は誰に似たのかしら? 何をしたいのか、わけがわからない!」こんなことを思わずつぶやいてしまうお母さんもいらっしゃるかもしれません。しかし、自分には理解できないと言っているのは、社会的に受け入れられやすい表向きの説明になれてしまって、自分でも本音の感情を隠してしまった結果なのかもしれません。また、別の言い方をすれば、実はお母さん自身が自分では気づかずに取っていた行動を、お子さんなりに観察して...
  • 誰の責任か?当事者をはっきりさせる
    何か問題が生じたときに、とっさに誰の責任だと感じるでしょうか。また、とっさに思いついた考えとは別に、あとから考えを変えることがあるでしょうか。そのとき、どのくらい抵抗を感じますか?このような反応の仕方の多くは、子どもの頃の自分の身の処し方に大きく影響を受けています。そして、そのような対処の仕方が生まれてきたのには、家族環境が大きく影響していることは間違いないでしょう。投影法とばれる心理検査(人格検...
  • 3つの家庭 『レンガ壁・クラゲ・背骨』
    バーバラ コロローソさんは、子育てにおける家庭には3つのタイプがあると言います。「レンガ壁タイプ」は、変えようのない枠組みが頑として出来上がっていて、しかもそれはすべて親の権限に委ねられています。子どもが自分の自主性を発揮する隙はありません。「クラゲタイプ」は、その名前のように背骨になるはっきりした基準がありません。レンガ壁タイプとは対照的に、すべて行き当たりばったりで、一貫性のないしつけになって...
  • ゆきちゃんとひとちゃんの雪遊び(2)
    前回は、ひとちゃんとゆきちゃんの雪遊びを巡る攻防をお伝えしましたが、真弓お母さんからこんなお話を伝えてもらいました。ああ、そうそう、すっきりすると、ひとちゃんは甘えてくるんです。「だめなときは怒ってーーーー怒ってくれないのはこまるーーーー」というひとちゃんです。ちゃんとしなくちゃいけなくてもついついだらーってしてしまうことも自分でわかっているみたいで、そういうときにほうって置かれるのはこまるって内...
  • ゆきちゃんとひとちゃんの雪遊び(1)
    子どもたちの遊び方やけんかのしかたを見ていると、私たち大人がもっともらしい理屈をつけてやり合っている交流の仕方も、その起源をたどると、たわいない出来事だったのかもしれないと思えてくるのです。理屈からだけ見ていると、なぜ自分がこんなことを感じたりやったりするのかが、なかなか見えてこないのですが、そんなときには、もともとどんな場面で身につけてきた行動パターンなのかを振り返って見るのが有効なことが多いの...
  • 探偵になってみよう ?悲観傾向と立ち向かう子供向けプログラム
    悲観的な考え方に陥りやすい人は、自分の悲観的な考えや思いに対して、それが本当なのかを確かめたり変えたりする能力を封印してしまっていると言えます。悲観的な思いが最初に浮かんでくると、それをよく確かめないまま鵜呑みにしてしまうのです。だれでも客観的に問題を調べる気になれば、悲観傾向をくい止めることができるはずなのです。しかし悲観傾向の強い人は、そうは思わず、最初に思い浮かんだ考え方が、唯一の真実である...
  • 2つの関わり方/取っ手のないドア
    あなたがまだ2,3歳で、ものごとの良い悪いが充分に判断できなかったころを想像してみて下さい。あなたは、いい気分で家の中を探索しながら遊んでいます。いろんな珍しい物が目に入って夢中になっていますが、触っていい物、悪い物の区別は付きませんし、大人の目で見た場合のやって良いこと悪いことの判断がつききません。昨日まで部屋の中で走り回っていても、お父さんもお母さんも怒らなかったし喜んでるみたいだった。だけど...
  • 罪悪感によるコントロール
    罪悪感というのは、誰もが根深く影響されている感情の一つです。しかし私たちのほとんどは、罪悪感について曖昧に理解しているために、ついつい不要な後ろめたさを感じながら、それが仕方のないことだと思って犠牲になったままでいるのです。罪悪感というのは、本来は、実際に自分が誰かを精神的あるいは肉体的に抑圧したり、傷つけたりした場合に感じるものです。あなたの行為によって、誰かが能力を発揮したり、自由に表現したり...
  • 過干渉、過保護、過剰適応
    子育てについては、親や祖父母からの過干渉、過保護が問題にされることがあります。過保護と言う言葉からは、子どもを甘やかし過ぎるという印象を持たれるかもしれませんが、成長の過程の必要な段階で子どもが甘えられないでいることは、これもまた別の問題を起こします。まずは、子どもはいつも自分を守ってくれる存在がそばにいることで、自分が安心してやっていけるという自信を持たなければなりません。つまり、自分はここにい...
  • 子ども時代の遊びと現在の自分
    子ども時代の遊び方を振り返って見ると、大人になってからのその人の行動や個性についても、さまざまなことが見えてくるものです。遊びは子どもにとっては、単なる娯楽や楽しみだけではなく、成長するためにも欠かせない精神的、身体的な活動です。そして子どもの頃の遊び方の中にも、すでに行動的で活発な表現をするのか、あるいは受け身な観察者になるのかといった傾向も現れてきます。自発的で自然な表現で無邪気に遊ぶ場合もあ...
  • もしわたしが宇宙だったら
    課外授業 ようこそ先輩「生命の起源を旅しよう」という番組を見ました。NHK 課外授業ようこそ先輩 | これまでの放送 長沼毅小学生を対象とした体験学習という形式の授業内容です。途中からしか見ていませんが、そこでは、転がっている石ころを拾ってきて、この中に生命はいるだろうかということで、石を粉になるまで砕いてシャーレの培養液に入れます。時間をおくと、石の中にいた無数の微生物がシャーレの中で活動を始めていま...
  • 親声/いらだちを誘うひと言
    親の親切きわまりない問いかけに対し、子どもがいらだちの返事を返す。よく見かける光景ではないかと思います。カウンセラーの伊藤友宜先生は、「親声」という言葉を提案されています。「親声」とは、語尾に?がついたように音程が上がる言い方です。たとえば、「亮太。↑ ごはんできてるよ。↑ 食べる?↑ いらないの?↑ 返事ぐらいしなさいよ。どう?↑」と言った具合です。親としては、親切にもYES/NOだけで答えられる質...
  • 質問という名の押しつけ
    「なぜ?」という質問は、時として相手をコントロールしてしまおうとする問いかけになってしまうことがあります。たとえば、母親が学校の先生から連絡を受けて、子どもが宿題を提出していないことを知ります。「先生から連絡があったよ。なぜ宿題を忘れたの?」子どもにしてみれば、宿題を出せなかったことで罪悪感を感じていますから、質問と言うより尋問や叱責の前触れと思って構えてしまいます。いっそのこと「宿題を出さなかっ...
  • 心配性2/行動できない
    心配というのは、いいにせよ悪いにせよ結果が出てしまえば、本来は消え去るものでしょう。しかし心配性の人は、ひとつ片づいた瞬間に次の心配事を作り出してしまうようです。そんな心配性の人の中でも、行動を起こすことに抵抗を感じて動けなくなってしまうタイプがあります。心配性だから動けないという言い方も出来ますが、実は自分から行動を起こすこと自体に問題を抱えているのかもしれません。行動できない人の原因のひとつに...
  • 人生脚本 - 交流分析
    交流分析でいう脚本(Script)とは、幼い頃に外的な出来事にどうのように反応し解釈したかを元にして、結論づけてしまった個人の人生プランのことを言います。このような脚本が作られるのは、子供は非常に幼く、何が起こっているかを理解する判断力が充分でなかったり、両親の影響をきわめて強くまともに受け取ってしまう立場にあるためです。エリック・バーンは人が従いやすい脚本パターンとして以下のようなものをあげています。1...
  • 意地悪な人 - エゴグラム
    意地悪な人というか、他人の弱点を突くのが得意で、相手に痛手を与えてしまう人がいるものです。もちろんそんなタイプにもいろいろあるでしょうが、典型的なパターンと標的にされる人との関係などを見てみたいと思います。ジョン・M・デュセイ「エゴグラム―ひと目でわかる性格の自己診断」のゼストの症例をベースに書かせてもらいます。「エゴグラム―ひと目でわかる性格の自己診断」 ジョン・M・デュセイ / 創元社 / 1983 / 内容...
  • いやな気分を粉砕する(論理療法2)
    前回に続いて論理療法のご紹介と、最後に子どもの叱り方の例文を挙げておきます。例文については「ずっと、何だって、僕が悪いんだ(論理療法1)」も参照して下さい。まずセリグマン等がABC思考法と呼んでいる、論理療法の基本理論を見てみましょう。人の悩みは出来事そのものではなく出来事の受け取り方によって生み出されるものであり、受け取り方を変えれば悩みはなくなるというのが基本的なスタンスである。そして、それは...
  • ずっと、何だって、僕が悪いんだ(論理療法1)
    チャーリー・ブラウン:ボクに妹ができたら、人生がすっかり変わるかもしれないって思ったけど、やっぱり、変わらなかった。チャーリー・ブラウン:みんなボクをきらってる...だれもボクのことを本当に好いてはくれない。相変わらずそのことで落ち込むんだ...ライナス:かわいそうなチャーリー・ブラウン...ライナス:世界中のすべてのチャーリー・ブラウンのなかで、彼こそ最もチャーリー・ブラウン的だな!「いいことから始めよ...
  • 自分に許可を与える
    チャーリー・ブラウン「朝、今日もマヌケなことを、絶対やりそうだって思いながら、目が覚めることってあるよね」「そこで、朝ごはんを食べに、キッチンへ行って...」「パンケーキを食べてるんじゃないってことをうっかり忘れて、コーンフレークにパンケーキのシロップをかけちゃうんだ...」「とにかくマヌケなことが、ひとつ終了すれば、一応ホッとする!」 チャーリー・ブラウンとは逆に、自分になにか素晴らしいことが起きそう...
  • A君と宿題と1週間(受相応)
    月曜日、A君は、きょう学校で宿題を出されてしまった。今週中に15ページの宿題をやらないといけない。今までの経験から、1日で5ページが限度だろうと思う。月曜日、A君は15ページの宿題のことを、考えるだけで憂鬱になり、「何でこんなにいっぱいやらないといけないんだ!」と嘆いて1日目が過ぎ去った。火曜日、A君は怒っていた。「先生はこんなに宿題を出すべきではない。」「宿題なんか出さなくても、学校でだけ勉強す...
  • 他人の欠点
    ルーシーが女の子にリストを渡して去っていく。[チャーリー・ブラウン] またかよ![チャーリー・ブラウン] いったい、いつになったら 他人の欠点リストなんか 渡して歩くのをやめるんだ?[ルーシー] 私、崇高な理想をもっているのよ。チャーリー・ブラウン...[ルーシー] この世の中を 自分にとって 住みやすいところにしたいの!「いいことから始めよう―スヌーピーと仲間たちからの生きるヒント」 エイブラハム・...
  • 痛みによって得ているもの
    痛みは嫌なもので、それを避けようといろいろなことをします。しかし一方で、心身共に痛みを感じることであっても、ネガティブな行為をやり続けるという、矛盾したことをやるのも人間の心理のようです。自分に対する価値評価が低い場合、自分が無価値であることを証明するかのような行動を取るということが、指摘されています。それは、かつては結果的に、自分の無価値さを感じさせた出来事だったのかも知れません。しかし、それに...
  • 適応の3パターン
    こどものころの適応パターンというのは、大人になってからも気づかずに使っていることが多いものです。こどもは自発的な行動を自由にとれる場合もありますが、親と接する中で、苦痛を避ける方法と、承認を得るための方法を見つけ出していくことになります。親から与えられる笑顔や、自分をうれしがらしてくれる反応は、自分が正しいことをしていることや、承認されていることを意味するのだと受け取ることができるでしょう。また、...
  • すきなものノート
    先日ドラマ(Mother 日本テレビ)を見ていて、小学生の女の子が、先生に「すきなものノート」というのを見せる場面があったが、何かいろいろ考えさせられるものがあったので書いてみたい。小学生の怜南が、教諭を引き受けたばかりの鈴原奈緒(松雪泰子)に、「すきなものノート」を見せる場面だが、「先生にいいもの見せてあげる。わたしの宝物。」「すきなものノート。」「回る椅子。・・・ネコと目が合うこと。・・・雪をふんず...
  • 「それじゃ一体何がしたいの?」という罠
    わたしたちは、朝起きた途端に、今日一日のスケジュールを思い浮かべます。まるで、何もない時間を作ることが、罪悪ででもあるかのようです。そしてやるべきことというのは、そのほとんどが社会的な自分の役割でしめられています。よき社会人として、よき家庭の一員としての役割を果たすことが、自分のすべきことの全てになっているのです。かくして、わたしたちは毎日、自分のやりたいことは断念していい人間であろうとします。誰...
  • 創造的な子どもをとりもどそう
    あなたは、ときどき子どもの頃に思い浮かべた夢のような自分の姿を思い出すかも知れません。だれにも言っていないけれど、ひそかにあこがれていた才能や職業といったもののことです。きびしい現実や誰かに馬鹿にされる心配がなければ、自由に想像をふくらませていたはずの夢の世界です。大人になるにつれ、そんなことは現実離れしていると言い聞かせて、むりやり封印してしまったあこがれを、ここで思い出してみましょう。捨ててし...
  • とげがささっちゃった!
    ライナス: イテッ!ライナス: とげがささっちゃった!ルーシー: どうかしたの?ライナス: 指にとげがささっちゃった...         ルーシー: あらそう!それは何かの罰があたったのよ!ルーシー: 最近どんな悪いことしたの?ライナス: 悪いことなんて何もしてないよ!ルーシー: とげがささってるんでしょ? それが不幸の兆候なのよ。そうでしょ? 悪いコだったから罰せられて不幸になるのよ!     ...
  • 誰の責任なの?
    ペパーミント・パティ: あのね、チャック... 学校がはじまったその日に 校長室によばれたの... それってあなたのせいよ、チャック               チャーリー・ブラウン: えっボクのせいだって? ボクのせいにどうしてなるんだい? どうしていつも、何でもかんでも ボクのせいだっていうの?パティ: あなた、私の友達でしょ そうじゃない、チャック?パティ: あなたはもっといい影響を 私に与えてく...
  • 誰も振り向いてくれない
    チャーリー・ブラウンが木の後ろにかくれて、赤毛の女の子の家を観察しています。「赤毛の女のコが住んでいる家を見ているのさ...でも運悪く彼女はぼくという人間の存在に気がつかないんだ」ドラマの世界であれば、ここで何か事件が起こり、二人が知り合いになる機会が生まれるかも知れません。しかし現実にはそんなことはまず起こらないのです。ところが、このような張り込み?は、何らかの努力をしているという気にさせる働き...
  • 後悔する生き方
    あなたは、ときどき過去を振り返って後悔します。「学校に行かなかったこと」「こどもを持たなかったこと」「若い頃充分に楽しめなかったこと」「結婚したこと」「結婚しなかったこと」「離婚したこと」「離婚しないでいること」。。。なかには、後悔することに、おぼれてしまう人達がいます。そういった人達は、人生を後ろ向きに歩きます。現在の出来事や、新しい可能性というものを見ようとせずに、「うまくいかないこと」にだけ...

プロフィール

pao


老子の『タオ』とは、悩み・不安の解消、心理学的アプローチ、癒し・気づきのヒントがいっぱいのブログ。
読むだけで癒されるというコメントをいただいています。

<特定商取引法に基づく表示>
----------------------------
【販売者名】
 高田佳和
【運営責任者名】
 高田佳和
【所在地】
 京都府舞鶴市
【URL】
 タオに生きる
【Facebook】
 高田 佳和
 人生を変える「いいね!」セッション
【販売価格】
 事前にFC2ID管理画面の「決済/FC2ポイント」欄からFC2ポイントを購入し、購入したFC2ポイントを消費してコンテンツを購入して頂けます。
コンテンツの購入に必要な金額は、1ポイント=1円として計算し、各コンテンツ毎に異なります。
販売価格は各コンテンツ毎に表示しています。
▼参考URL
http://help.fc2.com/fc2id/manual/Home/point.html
【商品代金以外の費用】
 記事の閲覧やお申し込みなどにかかる通信費はお客様のご負担となります。
【商品引渡方法、引渡時期】
決済完了後、該当する記事を閲覧できます。
【返品に関する事項】
 商品の特性上、コンテンツ及びポイントの返品(キャンセル)は承れません。
【動作環境】
 下記URL先に記述されている、「推奨使用環境」を満たすデバイスが必要です。
購入前に当ブログが問題無く閲覧可能か、
必ず動作確認を行った上でご購入ください。
▼推奨使用環境
http://support.fc2.com/
----------------------------