• エゴとは何者?〜そして私の幸せとどう関係しているの?
     身体に痛みがないとき、私たちは自分の身体があることなど忘れてしまいます。 頭痛がなければ、頭がついていることなど忘れている。どこかに頭をぶつけて初めて思い出すのです。 おなかが痛くならなければ、おなかってどこにあるのと思っている。 このように身体が正常に機能していれば、その存在はわざわざ意識したりしません。 ところが、心の問題となると、事情は全く異なります。まるで正反対に機能しているか...
  • ありのままの自分に満足出来るようにならないと
     ありのままの自分に満足出来るようにならないと、いつまでたっても、満たされたと感じられません。     あなたがこうなれたら~    何かを手に入れたら~    あなたに必要なことはこれ~   絶えず必要なものを教えてくれる人に溢れています。   しかし、ありのままのあなたを振り返ることは、  誰も教えてくれないし、あなた自身ですら忘れてしまう。 &n...
  • あの人はそういう人だから
     あの人はそういう人だから。だから私は、もう言わないことにしたんだ。確かに人は変わらないものです。あなたがどう思おうとです。しかし、変わるべきは相手だと思っているとき、本当に相手の問題だけなのでしょうか?「あの人はそういう人だから」と言うとき、ほんとうにそうなのでしょうか?もしあなたの思っていることを相手に確かめてみたら、どのくらい当たっているものか、考えたことはあるでしょうか?あなたの方が、...
  • 不安への対処~間違えていませんか?
     「○○さんには、こういう人生を送ってもらいたいと思うから言っているのですよ」こういった言葉を掛けられたら、あなたならどのような反応を返すでしょうか?大きく分ければ、2つ挙げられると思います。しかし、最近は、その2つ目も、やや危なっかしく感じることもあります。1つ目は、「そうなのか。この人の言うとおりにしていれば、今までの不幸をそうでないものに変えられるようだ。信じてみたくなってきた。」というも...
  • 私の人生は「個人の物語」
      人間としての私たちは、自分が何者かを知るために、そして人々やこの世界についての情報を得るために、思考を大変に信頼する習慣があります。そうして常に思考に頼ることで、この世界にあるものは別々に独立してすると信じるようになります。思考に頼れば頼るほど、思考が示唆するものは実際に独立して存在するように感じられます。 すべては独立して存在するという信念があることで、苦しみや追求、葛藤が生まれます。私...
  • ウサギはもともと帽子に入っていたんだよ。
     問 手品のおじさんの帽子からウサギが出てくるのはどうして?答 ウサギはもともと帽子に入っていたんだよ。 自分の人生にはいつまでも消えない、手に負えない「問題」があるという幻想。この幻想を人生から取り除くにはどうしたらいいんだろう?これを言うのはわたしが初めてじゃないと思うけれど、問題があるという感覚が、「問題を抱えた個人」という自己感覚と結びついていることに気づけばいい。 自分は体の中に閉じ...
  • 至福を見つける前に私は地獄を受け入れなければならないのですか?
      エゴはとても強く、たとえ自分が地獄に落ちているとしても、それを認めようとはしないだろう。エゴは自分を飾りたて続ける。 あなたは「至福を見つける前に私は地獄を受け入れなければならないのですか?」と問う。他に方法はない。あなたは受け入れるだけではなく、理解し、飛び込まなくてはならない。あなたは地獄の苦しみや痛みを味わい、それがどんなものかを完全に知らなければならない。地獄がどんなものかを知った...
  • あなたは地獄にはいない。あなたが地獄そのものなのだ。
     <サルトルは『地獄とは他人である』と言っていますが、私は時々、『地獄は自分だ』と感じます。私は地獄にいます。厳しいです!私は至福を見つける前に地獄を受け入れなければならないのでしょうか? でも、どうしていいのかわかりません。> いや、あなたは地獄にはいない。あなたが地獄そのものなのだ。 あなたのエゴが地獄なのだ。もしエゴがなかったならば、地獄もない。 エゴがあなたの周りに構造物を作り上げる。...
  • 彼らはこれをエチケット、マナー、文化、と呼ぶ
      そして、社会はみんなを惨めにすることができるが、もう一方では同じ社会があなたはあなたの惨めさをしめすべきではない、と期待している─-少なくとも公衆の中や、人々の前では。それはあなたの個人的な問題なのだ。 彼らがそれを作り出したのだ─-それは本当は公共の問題であって、個人の問題ではないのだ。あなたの惨めさの原因のすべてを作り出した同じ人々が、最後にはあなたに言う。「あなたの惨めさはあなた自身の問...
  • 昔の傷にしがみつくのは?
     あなたは質問する。「許し、ずっと昔の傷にしがみつくのをやめるのは、なぜこんなにも難しいのですか?」 それらがあなたの持っているもののすべてだから、という簡単な理由からだ。そしてあなたは自分の記憶の中で、それらが新鮮であり続けるように、自分の古傷をもてあそび続ける。あなたは決してそれらが癒やされるのを許さないのだ。 一人の男が汽車の客室に座っていた。彼の向かい側には神父が座っていて、自分の脇にピク...
  • 惨めさの原因を理解する
    <人生で親しい人と別れたあと、いつもしばらくの間、とても惨めに感じます。そのあとすぐ私は自分を笑ってしまい、自由が戻ってきたのを感じ、私がやっていたことはすべて、自分を愛するのをやめることだったとわかります。ほとんどの人の苦しみのもとにはこれがあるのですか? それとも私だけの体験ですか?> それはあなただけの体験ではない。それはほとんどの人の苦しみの根底にあるものだ--しかし、あなたが思ってい...
  • 至福はあなたの最も奥深いところにある本質なのだ
     至福はあなたが発明するものではなく、発見するものだ。至福はあなたの最も奥深いところにある本質なのだ。それはまさに最初からそこにあるのに、あなたがそれに目を向けていなかっただけだ。当たり前だと思いこんでいたのだ。あなたは自分の内を見ようとしない。 これこそが人間の唯一の不幸だだ。つまり、人は外ばかり見て探し求めているということだ。そして、外には見つけることができない。そこにはないからだ。 ある日暮...
  • 見失ってしまったそこにある幸せ
     私たちは気をそらされて、不自然なことに夢中になっている。お金、名声、権力にだ。小鳥の歌を聴いたとしてもあなたにお金が入るわけではない。小鳥の歌を聴いたとしてもあなたに権力や名声が入るわけでもない。蝶を観察したとしても、あなたが経済的に、政治的に、社会的に助かるわけではない。こうしたことは利益には結びつかない--しかし、これらのことはあなたを幸せにする。 本物の人間は自分を幸せにしてくれるものと一...
  • 人はわがままなもの
    前回の「発想を変えてみよう」から「他人はわがままなものだと受け入れてみる。」ということを取り上げてみましょう。   人はわがままなものであるのは、人間性というものがそのようにできているということです。 「わがまま」という表現に抵抗があれば、「人はだれでも自己関心に基づいて反応し行動する」と言い換えてもいいでしょう。   このことは、逆の方向から考えたほうがわかりやすいかもしれませ...
  • 発想を変えてみよう~人生は不可解
     私たちが不満を感じる原因は、「これが正しい」と信じていることと、現実の間に食い違いがあるからです。 それを、現実の方が変わるべきだと頑張り続ければ、不満やストレスがどんどん溜まってきます。   逆の発想をしてみましょう。 ☆現実は変わらないし、私一人では変えられない。でも私が変わることならすぐにでもできる。 ☆私の方が変わることを、妥協だとか私の負けだと思わないこと。そのように主...
  • 当惑を取り扱う6つの方法-3
    当惑を取り扱う6つの方法https://psych2go.net/6-ways-handle-embarrassment/5. そのことであなたを裁かないような、あなたの親友、恋人や家族とそれについて徹底的に論じてください。あなたの感情を封じ込めてしまうことは難しいので、あなたが信用する誰かとあなたのきまりが悪かった瞬間について話してください。その状況について悪いと感じることよりは、むしろ何があなたを悩ましているかについて、彼らに話してください。そ...
  • 当惑を取り扱う6つの方法-2
    当惑を取り扱う6つの方法https://psych2go.net/6-ways-handle-embarrassment/3. それを笑い飛ばしてください!Susan Whitbourne博士(心理学および脳科学の名誉教授)によると、当惑を取り扱う最も効果的方法は、直接それに向き合うことができるようにすることです。あなたの最初の本能的反応は、逃げることや、隠れることであるかもしれませんが、これはあなたの当惑に関して未解決の感情を長くするだけです。そういうわけで、あ...
  • 当惑を取り扱う6つの方法-1
    当惑を取り扱う6つの方法https://psych2go.net/6-ways-handle-embarrassment/1. 自分自身を痛めつけないでください、いいですか?当惑するのは、しばしば完全主義と関係してます。あなたの能力が、あなた自身の基準と期待にあっていないと感じると、容易に自己批判の罠に陥ってしまいます。この(失敗した)時の経験と同じように、次の結果もうまくいかもしれないと、あなたは恐れるかもしれません。しかしあなたの間違いや失敗に...
  • 私がちゃんと知ってるからね・・・
    自分のやっていることなんて、つまらないことだと感じる時もあるかもしれません。     だれもが、いつも自己評価MAXでばかりは、生きられないのがあたりまえ。     でも、つまらないことばかりと思っている日常から、   新鮮で、ワクワクして、やりがいに満ちた日常に変えることだってできるのです。     「また今日もこれをやるのか」と思ってスタートし...
  • 許す、許せない、許す
     ヘミングウェイの短編にあるお話だそうです。     ゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜     不幸な出来事が重なって、親子は仲違いして少年は父親を置いて家を飛び出す。     息子を捜し続ける父親は、最後に新聞の尋ね人欄に広告を出します。         愛するパコ。       明日の...
  • 認めてもらおうという気がなければ、あなたはどんな人になりますか?
     「相手にどうやって自分の存在を認めてもらうか」     これは、私たちがふだんから、ほとんど意識せずにせっせとやり続けていることではないでしょうか。     よりはっきりさせるために、このような設定を考えてみて下さい。     ・あなたが相手に印象を与えて自分の存在に気づいて欲しいと思っている人。     ・愛されたいと思っている人。 ...
  • 個人的な受け取り方から抜けだそう〜すぐにキレないため
    個人的な受け取り方から抜けだそう〜すぐにキレないため    いきなり結論から入りますが、ついムカッとなったり、キレてしまう状態から脱却するには、・・・・   いつまでも出来事を個人的に受け取り続けないことです。     私たちは普段からものごとのとらえ方の癖といったものを持っています。     ですから、いきなり自分の枠組みから外れた働きかけを受けれ...
  • 悪口は相手に持ち帰ってもらう
    ◆悪口は相手に持ち帰ってもらう    誰かに悪口を言われたり、ののしられたりすれば、どんな人でも平然としているのは難しいでしょう。   動揺したり、何かを言い返したくなるのが普通ですね。   しかし、言い返して口論になっても、結局はいいことなど何もないことも、経験上誰しも知っているのです。     ここに「悪口は相手に持ち帰ってもらう」という考え方がありま...
  • あの人に気に入ってもらえただろうか?
    ◆あの人に気に入ってもらえただろうか? 「あの人はちゃんと気づいてくれたかな?]「なぜ返事をくれないのだろう?」「今日は笑ってくれなかった。何か気に障ることを行っただろうか?」「今頃あの人たちは、私のことをどう思っているのだろう?」 このような不安を抱いたことはありませんか?おそらく、ほとんどの人は、昨日も今日も、このような不安がよぎる瞬間を、何度も繰り返しながら生きているのではないでしょ...
  • あなたがあきあきしたりうんざりすることに、あきあきしたりうんざりしたりすれば、そのときはじめてあなたは変わるのです
      自分が習慣性を持っていて、それがネガティブな習慣だとわかったら、それから自由になるかどうかも自分で決めます。ここまで納得するのに、何度か痛い目にあってみなければわからない人もいるでしょう。ことわざにも言うように「あなたがあきあきしたりうんざりすることに、あきあきしたりうんざりしたりすれば、そのときはじめてあなたは変わるのです」~「ポジティブ宣言」 ジョン・ロジャー、ピーター・マクウイリアム...
  • 罪悪感のしくみ2
      何かをしようとしているとき、またはしようかと考えているとき、あの罪悪感の予感がしたら、やめることです。予感は、あなたがバランスを失いかけているのを教えてくれます。あなたは、自分についてのイメージをぶちこわすような行動をとろうとしている、と。 この時点で、例の裏取引きに走るか、盲目的に突っ走るかするよりも、自分についてのイメージか行動のどちらかを変えるのです。自分についてもっているイメージを...
  • 罪悪感のしくみ1
      自分について抱くイメージは、軽蔑すべき行動をするたびに破壊されてゆきます。 どうすればよいでしょうか。「わたしは良い人間で・・・」の裏面に書いてあるのは、「もしそうでないときは、わたしは罪悪感を抱くだろう」という契約文なのです。罪悪感を抱くことで、自分はまだよい人間だと感じられるのです。 だって、悪いことをして「悪い」と思うのは、よい人間でしょうか、悪い人間でしょうか。もちろんよい人間です...
  • Aは受容(acceptance)のA
      受容(acceptance)とは、人によっては「精神の第一法則」と呼ぶこともある幸福、満足、健康、成長などのたいせつな一部です。 世界はとどまることなく動いてゆき、人々はおのがじしの営みを続け、物事はその道をゆき、たいていの場合われわれの唯一の選択とは「これを受け入れるか否か」ということになります。受け入れるとは、それとともに流れてゆくことです。人生がすでに成しつつあることを、そのまま受け入れること...
  • 欲求と執着の違いを見抜く
     残念ながら、ほんとうに謙遜になることができたら、そのことを誇りに思ってしまうだろうと、自分でわかっているのだ。Benjamin Franklin さあ、いまこそ、本当にすばらしいものー生活や愛、健康、富、幸福とよろこびの肯定を始めるときです。 ジョーニー・マーサーが歌の中で、「しがみつけ」と言っていますが、どういう意味なのか、よくわかりません。ひょっとすると「それに執着する」という意味かもしれません。でもわ...
  • 恐怖に立ち向かう~実はこれが唯一の解決
     ほんとうに足をとめて、恐怖と真っ向から向き合う経験をすれば、そのたびに勇気と力と自信を得るだろう。じぶん自身にこう言うことができる。「わたしはこの恐怖を突き抜けた。次に何が起こっても立ち向かえるぞ」不可能だと思われることをこそ、しなければならない。Eleanor Roosevelt 恐怖を克服するためにすべきなのは次のようなことです。恐怖があるんだと認めて、「それにもめげずやりなさい」。ほしいもののほうへ、...

プロフィール

pao


老子の『タオ』とは、悩み・不安の解消、心理学的アプローチ、癒し・気づきのヒントがいっぱいのブログ。
読むだけで癒されるというコメントをいただいています。

<特定商取引法に基づく表示>
----------------------------
【販売者名】
 高田佳和
【運営責任者名】
 高田佳和
【所在地】
 京都府舞鶴市
【URL】
 タオに生きる
【Facebook】
 高田 佳和
 人生を変える「いいね!」セッション
【販売価格】
 事前にFC2ID管理画面の「決済/FC2ポイント」欄からFC2ポイントを購入し、購入したFC2ポイントを消費してコンテンツを購入して頂けます。
コンテンツの購入に必要な金額は、1ポイント=1円として計算し、各コンテンツ毎に異なります。
販売価格は各コンテンツ毎に表示しています。
▼参考URL
http://help.fc2.com/fc2id/manual/Home/point.html
【商品代金以外の費用】
 記事の閲覧やお申し込みなどにかかる通信費はお客様のご負担となります。
【商品引渡方法、引渡時期】
決済完了後、該当する記事を閲覧できます。
【返品に関する事項】
 商品の特性上、コンテンツ及びポイントの返品(キャンセル)は承れません。
【動作環境】
 下記URL先に記述されている、「推奨使用環境」を満たすデバイスが必要です。
購入前に当ブログが問題無く閲覧可能か、
必ず動作確認を行った上でご購入ください。
▼推奨使用環境
http://support.fc2.com/
----------------------------