• 責任を感じた時の反応の仕方はいろいろ
     誰の責任なの?~責任を感じた時の反応の仕方はいろいろいつも責任を負わされたり、あるいは逆に他人に転化してしまう人、その他、責任という言葉でどんな反応の仕方、行動の取り方をするかは、その人独特の反応パターンがあります。「誰の責任か?」を探す、といった単純なことでは把握しきれません。自分では当たり前だと思っている反応の仕方も、一度客観的に振り返ってみたほうがいいかもしれません。それに、人は言葉や...
  • どちらを選ぶか迷うとき(redux)
    『選択とはすなわちこれ取捨の義なり』 法然 私たちは、どちらにしようかと迷う時、どちらが得かという点ばかりに目がいってしまいがちではないでしょうか。こっちはこの部分が優れているが、あっちは別の捨てがたい特色を持っている。どちらも手放せない。なのに片方を選ばないといけない。どうすればいいんだろう? 選ぶ方にとらわれていれば、選ばなかった方には未練が残ります。あとになって、あの時むこうを選んでいればと...
  • 自由は自分の内から
    とかく人は不自由さを感じると周りのせいにしたくなります。実際自分の周りには、右を見ても左を見ても、不自由さをもたらす制約が存在するものです。そんな業の中で生きて自由になるには、自由を外に求めていても得られないことに気づく必要があります。外の環境がどのように変わっても、怒っていたり、心配なことに心を悩ませていたのでは自由はありません。心にトラブルを抱えていては自由になれませんが、完全に自分の周りに問...
  • 新しい仕事がやってくる
    新しい仕事に取り組もうとする時、あなたはストレスを感じます。昨日と同じ仕事を繰り返すのであれば、慣れていますから不安もなく、昨日と同じように何も気にせずに仕事に向かえるでしょう。しかし新しい仕事の場合は、うまくできるだろうか、失敗したらどうしようと不安がよぎります。中には、明日から新しい仕事だと思うと、夜も眠れなくなってしまうという人もいるでしょう。では、こんな時はどのように考えたら不安を抑えたり...
  • 誰が主人公か?(2)
    自分が主役で自分の人生を生きるのか、それともいつも他人の考えを借りながら生きていくのか、この差はどんどん大きくなっていきます。自分が人生を終える時に、そろそろ主役に切り替えようと思っても遅いのです。なぜ自分の意志で選ばないといけないのか、それはご自身が一番わかっている筈です。自分の意志で行動しなかった後は、満足感がないし、自分で生きている実感が持てないからです。そうはいっても、それとわかっていて自...
  • 徹底してこだわってみる
    こだわりを捨てるという話ばかり書いてきたようですが、時には徹底してこだわって生きてみるのも必要かも知れません。「仕事を流す」という表現があります。いつものやり方で、工夫もしないで、深く考えずに惰性で仕事をしている様なイメージです。どうして、そうなってしまうかはともかく、こういうやり方では、自分の技術も伸びないし、ずっと同じことの繰り返しです。そして何よりも、本人は感じているはずです、「やりがいがな...
  • 「したくないことはしない」といえますか?
    「今はやりたくないからやりません。」と言い切った時どのように感じますか?頭からの強制が強すぎると「したくないけれど、しなくてはならない」と言う考えがいつも支配します。これではやる気は出ないし、気分もふさぎ込みがちになります。こころはいつも曇り空です。今はしたくないという気持ちにしたがえるかどうか、これで今のあなたの頭の支配の度合いが測れるのではないでしょうか。「したくない」といいきっても後ろめたさ...
  • ストレスに強い人は...
    ストレスに強い人は、結果だけでなくその過程そのものを楽しむことができるようです。逆に、この点がストレスになりやすい人は、まず先に結果が気になってしまって、過程を楽しむ余裕は持てませんし、そのことに取り組むこと自体が困難になりがちです。ですから、結果が先に分かって欲しいと思い、ドラマの様な展開を望んでしまいます。しかし、ドラマは必ず結末が先に出来ていますから、途中の経過がどんなに困難なものであっても...
  • とりあえず動くこと
    『倹』の話を書いたところで、思いついたこと。いつも新しいことに取り組んで、行動力のある人と何かを始めようと思ってもなかなか準備ばかりで動き出せない人というのがあると思います。なかなか動き出せない人というのは、完璧な方法を方法を求めがちで、しかも、1つだけの方法を見つけ出して行動しよう、としているように思います。動けない原因はおそらくこのあたりにあると思います。1つの方法に頼ること、それと完璧さを求め...

プロフィール

pao


老子の『タオ』とは、悩み・不安の解消、心理学的アプローチ、癒し・気づきのヒントがいっぱいのブログ。
読むだけで癒されるというコメントをいただいています。

<特定商取引法に基づく表示>
----------------------------
【販売者名】
 高田佳和
【運営責任者名】
 高田佳和
【所在地】
 京都府舞鶴市
【URL】
 タオに生きる
【Facebook】
 高田 佳和
 人生を変える「いいね!」セッション
【販売価格】
 事前にFC2ID管理画面の「決済/FC2ポイント」欄からFC2ポイントを購入し、購入したFC2ポイントを消費してコンテンツを購入して頂けます。
コンテンツの購入に必要な金額は、1ポイント=1円として計算し、各コンテンツ毎に異なります。
販売価格は各コンテンツ毎に表示しています。
▼参考URL
http://help.fc2.com/fc2id/manual/Home/point.html
【商品代金以外の費用】
 記事の閲覧やお申し込みなどにかかる通信費はお客様のご負担となります。
【商品引渡方法、引渡時期】
決済完了後、該当する記事を閲覧できます。
【返品に関する事項】
 商品の特性上、コンテンツ及びポイントの返品(キャンセル)は承れません。
【動作環境】
 下記URL先に記述されている、「推奨使用環境」を満たすデバイスが必要です。
購入前に当ブログが問題無く閲覧可能か、
必ず動作確認を行った上でご購入ください。
▼推奨使用環境
http://support.fc2.com/
----------------------------