• 誰の責任なの?(redux)
    【ペパーミント・パティ】あのね、チャック...学校がはじまったその日に校長室によばれたの...それってあなたのせいよ、チャック 【チャーリー・ブラウン】えっボクのせいだって?ボクのせいにどうしてなるんだい?どうしていつも、何でもかんでもボクのせいだっていうの?【パティ】あなた、私の友達でしょそうじゃない、チャック?【パティ】あなたはもっといい影響を私に与えてくれるべきだったのよ! 自分を責めてしまう傾向が...
  • 罪悪感によるコントロール(redux)
    罪悪感というのは、誰もが根深く影響されている感情の一つです。しかし私たちのほとんどは、罪悪感について曖昧に理解しているために、ついつい不要な後ろめたさを感じながら、それが仕方のないことだと思って犠牲になったままでいるのです。罪悪感というのは、本来は、実際に自分が誰かを精神的あるいは肉体的に抑圧したり、傷つけたりした場合に感じるものです。あなたの行為によって、誰かが能力を発揮したり、自由に表現したり...
  • 友達は第二の自己である
    ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。友達は第二の自己である。アリストテレス,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆気に入っていただけたらワンクリック ⇒  Facebookページ:→ 『人生を変える「いいね!」セッション』...
  • 実はよく知らない人
    自分の実の両親というのは、他の人ほど客観的に見ることは出来ない、ある意味でいつまでも知らないでいる存在かも知れません。こどものころの自分は、親に対して依存的な立場に置かれていますから、そのころ親を客観的に見ることはほとんど不可能に近いでしょう。大人になってからでも、人によっては親は超現実的な存在に見え続け、親といっても実際には欠点や弱点を持つ普通の人間であると、認めるのは難しい場合があります。こう...
  • 人に助けを求めましょう
    もっとまわりの人に助けてもらいましょう。それがもたらす恩恵は、単に助けられたことだけではなく、さまざまな人間関係の改善をもたらしてくれます。あなたが何でも自分で仕事をこなそうとする人なら、その作りあげた役割にしがみついているのかも知れません。がむしゃらに働いて、自分がどれだけ善良で素晴らしいかを訴えたい気持ちもわかりますが、他の人へのそのイメージ、役割はあなたを余裕のない存在にしてしまいます。それ...
  • 助けを求められたら
    「我以外皆我師」(吉川英治)という言葉がありますが、人でも物でも自分に何かを教えてくれる先生としてみることができます。また、逆に自分が他の人に何かを教えている時というのは、実は自分自身への答えを語っているものかも知れません。人に何かを教えることが、より自分の理解を深めるものであることは、よく経験されることではないかと思います。実は、人から助けを求められたときの自分のアドバイスというのは、自分の隠れ...
  • あなたを隠さないほど近づける
    わたしたちは、できるだけ自分のいいところだけ人に見せようとします。逆にいえば、自分自身をさらけ出すことを恐れています。その理由については、このブログでも何度も書いてきていますが、一言でいえば本当の自分を見せれば嫌われたり受け入れられないという恐れからです。それは、いままでにそのように信じたくなる出来事を経験したのかも知れないし、あるいは自分が作りあげた思い込みでしかないかも知れません。もちろん自分...
  • まずはつながりから始めませんか
    人間関係は社会的な生活を営む中で、どうしても役割とか具体的な利益に目が向いてしまいがちです。それはそれで、維持していけばいいのですが、時には利害を考えずに「まずはつながりから」という関係性を作ってみてはどうでしょう。何の目的も持たずに、ともかく人に近づいてみましょう。すると状況のほうにも動きがでてきます。相手との間に親密さがはぐくまれてくれば、自然とその関係の中に絆が生まれてきます。きっかけは何で...
  • 正しさが気になる時は要注意
    あなたが自分の正しさが気になるときには、実際に何を感じているのでしょうか。まず正しさというのは、言葉で表現されたものごとの一面でしかありません。現実は、それを何かの軸で見た場合「正しい」から「間違い」までの間のどこかに存在します。どこか一点を捉えて、そこだけが正しいかのように見てしまうのは現実をゆがめています。      あなたが自分が「正しい」とき、その状態を維持するためには事態を凍結しなければ...
  • ドラマはなぜ作られるか
    あなたは、退屈な人間関係が続くとき、そこで「何かドラマチックなことが起きないかなあ!」と思ったりしないでしょうか。わたしたちがTVドラマをみて楽しむのは、ドラマの中で主人公達が非日常の出来事を自分に代わって体験してくれるからでしょう。日頃の変わりばえしない日常から抜け出したい、あるいはちっとも解決しない問題を忘れて、違った世界にしばし浸りたいわけです。      それと同じようなねらいから、実際の...
  • 人からの承認だけが大事なの?
    わたしたちは、他の人から承認されることを気にします。その割に、自分自身への承認ということには、注意を向けないもののようです。しかし承認というのも、自己と他者のあいだに鏡のように映し出されるものです。ですから、次の2つの点に注意を向けてみましょう。◇自分で自分を認めているほど、人からの承認を受け取ることができる。◇人に承認を与えられるほど、人からの承認を受け取ることができる。     ◇◇自分で自分を認...
  • 人との関係での共謀とは
    夫婦や恋人との関係では、いつでもハッピーエンドというわけにはいきません。そしてこれから書く内容も、いい結果になるかどうかはわからない話ですが、もし起こり得ることなら知っておいた方がいいでしょう。あなたは相手があなたのこころを踏みにじったと思い込んで、相手を許せない所まで追い込まれるかも知れません。しかしその場合に、片方が悪者でもうひとりは全面的な被害者であるかというと、そうである場合はむしろ例外と...
  • 情けは人の為ならず
    「情けは人の為ならず」このフレーズは間違える人が多いので、よく話題にあがると思いますが、「情けをかけたらその人の為にならないから・・・」という意味ではなくて、「情けは人の為ならず 巡り巡りて 己が身のため」という言葉の前半としてとらえれば、人に情けをかけるのは人のためではなく自分に返ってくることである、という意味であるとわかります。この言葉は、先日の「投射、投影」という心理の働きからみるとわかりや...
  • なぜ苦手な人がいるの「投影」
    わたしたちは得意なタイプの人がいる一方で、なぜか苦手と感じてしまう人がいたりしますよね。あるいは、もっと微妙ですが誰かと一緒にいると、その人が何をするわけでもないのに、何か落ち着かなくなったり、イライラを感じだしたりするのです。ところが、あなたの友達から見ると、同じ人が全然苦手じゃなかったり、むしろ気の合う友達でいたりします。そのことから考えると、どうやら問題は相手の人に固有の問題ではないようです...
  • ジョハリの窓
    「ジョハリの窓」というのを聞かれたことがあるでしょうか。まずはウィキペディアからの紹介です。ジョハリの窓とは、自分をどのように公開し、隠蔽するか、コミュニケーションにおける自己の公開とコミュニケーションの円滑な勧め方を考えるために提案されたモデル。1955年夏にアメリカで開催された「グループ成長のためのラボラトリートレーニング」席上で、サンフランシスコ州立大学の心理学者ジョセフ・ルフト (Joseph Luft) ...
  • これは自分の感情?相手の感情?
    目の前の相手が不機嫌そうにしているのも見たとき、あなたはどのように感じるでしょうか?自分がなにか相手に負い目があるのなら別ですが、普通なら相手のほうに何かよくない出来事があったんだろうと考えるでしょう。しかし「共依存」と呼ばれる傾向がある人たちは、それを見たとき、すぐに自分が相手に何か不都合なことをしてしまったのではないか、と気になってしまいます。また、それが引き金になって、自分に何か問題があるの...
  • あなたは被害者を続けますか
    --------------------------------------------そんな扱いはないだろう!あなたの気持ちは、踏みにじられました。あなたは、なんてひどい人間だ、と相手の間違いを主張したくなります。このように、恨みの気持ちがある時には、必ずあなたの側に「相手は絶対まちがっている」という考えが存在します。裏を返せば「自分は絶対に正しい」という考えに、あなたはしがみつくことになるのです。あなたが、自分の正しさにこだわり続けると...
  • 今の生き方に不満な人は
    「子どもの頃から、いい環境に恵まれて、苦労しなくても世の中に適合できた。」「今でも、毎日、不満なく楽しく暮らしています」という人なら、そのやり方を続けていけばいいわけですね。しかし、「今のままの生き方では不満である」「今の生き方は何か疲れるし、生き甲斐を感じない」「今のままの自分が嫌いである」と思う人は、それを何とかしたいと思うわけです。「今のあなたで幸せですか」と聞かれて即座に「はい」と言えない...
  • 批判したくなる相手にあなたを発見する
    あなたは、他人の行動にいらだったり、批判したくなることがあるでしょう。そんな相手を見た途端に、あなたは何か批判の言葉を言いたくなるのです。なぜそれが、あなたをいらだたせるのでしょうか。それは、誰が見ても批判したくなる行動ですか。それとも、あなただけが、そう感じるのでしょうか。そんな他人の中に見る、あなたの嫌いな部分は、実はあなたがもともと持っていたものかも知れません。あなたの一部分だった、そのよう...
  • そんな冷たいことはできない
    「相手がかわいそうだから、自分も同じように感じてあげないといけない。」こういう心理状態というのは、だれしも感じるときがあるかも知れません。しかし相手のことを気遣って、相手の気持ちを素直に受け取ってあげるためには、あなた自身が制限をかけずに、自分の感情を素直に受けとる状態になければなりません。ところが、このような状態にあるときには、往々にして、相手がかわいそうなのに、自分が勝手な気持ちを感じてはいけ...
  • まわりの人はあなたに与えたがっている
    まわりの人達は、あなたが考えているよりも、人に対して与えることを、何でもないと思っているものです。だれでも気前が良いとまで思うのは、どうかと思いますが、特に自分で差し障りがなければ、人に与えることは、ものであれ、愛情であれ、拒絶しないものです。しかし、あなたが、何かを欲しがって、「これがないと自分は生きていけない」かのように、思い詰めてしまうと、物事はややこしくなります。自分のほしいものを、欠乏感...
  • 与えることと受け取ること
    素直に人に何かを与えられたとき、あなたはいい気分になれます。それは、あなたが人から何かを受け取った時も同じですが、それ以上かも知れません。しかし、与えることは、犠牲になることではありません。犠牲になったと感じながら、人に与えても、あなたは楽しくはありません。あるいは、あなたが、ひとに何かを与えることで、自分をその人より優位に感じようとしているのなら、それもまたあなたを心から満足はさせないでしょう。...
  • 名コンビ
    小説やドラマの世界では、様々な名コンビが登場します。ちょっと思いつくものをあげてみると、ポパイとオリーブトムとジェリーサマンサとダーリン ホームズとワトソンポアロとヘイスティングストミーとタペンスナポレオン・ソロとイリヤ・クリアキン白バイ野郎、ジョンとパンチ刑事スタスキー & ハッチドラえもんとのび太あぶない刑事のタカ&ユージ相棒天才マジシャン山口奈緒子と天才物理学者・上田次郎ちょっと古いものが多いと...
  • うらみを終わらせる方法
    恨みを終わらせる方法、それはあなたの正しさを放棄することです。いきなり結論を言っても、何のことかわからないと思いますので、順番に考えていきましょう。まず、あなたが誰かを恨むようになった状況を考えてみましょう。たとえば、あなたは自分が感じたことを、その人に話して理解してもらい、同じように感じてもらいたかったとします。あなたは、勇気を出して、あなたが感じたことを、そのままその人に打ち明けます。ところが...
  • パートナーに期待すること
    パートナーというのは自分の面倒を見てくれるひと、自分が望むことを満たしてくれるひと、やさしい両親のようなひとであることを期待するかも知れません。しかし、残念ながらあなたがそれを望む時、それはやがて失望し、結局は相手を恨むようになってしまいがちです。最初に出会ったころは、パートナーはあなたの望みを、なんでもかなえてくれる人のように映ったかも知れません。やっとそのような人に巡り会えた!しかしそんな喜び...
  • まわりの人はあなたの仲間
    普段わたしたちは、まわりにいる人達は、自分とは関係なく、その人の都合で行動するのが当たり前だと考えています。それはある面でその通りですね。しかし、そうだとしても、まわりの人はあなたと一緒に同じ方向に向かう仲間だ、というように見ることは出来ますね。また逆に、あなたの前にいる人は、あなたにはわからない動機で行動したり、あるいはあなたに敵対する人だと見る見方も一方にあります。あなたは、どちらに近い見方を...
  • 本当は必要でないものほど、いくらあっても足りない
    ひとりになるとすぐに誰かに電話して、常に誰かとつながっていたいという人がいるようです。そうしないと寂しさをまぎらわせず、不安になるからです。いつも誰かがそばにいないと寂しくてしょうがないのです。だれでも、ひとりが寂しいと感じることはあります。しかし自分を受け入れて、また他の人からの承認も受けていると感じられる人なら、ひとりぼっちで寂しくても「仕方ない、ひとりですごそう」と思えるものです。 それは、...
  • 何に抵抗しているのでしょう
    あなたが、いまたたかっているのは、何に対してでしょうか。どんなことに抵抗しているのでしょう。まさにそこが、あなたの行き詰まっているところではないでしょうか。先に進めなくしていることは、どんなこだわりでしょう。誰かを許せないという思いを手放した時、あなたはまったく違った視点から、人間関係を見なおすことが出来ます。許すことを妨げているものは、相手ではなくあなたの中にあります。あなたが、許したくないと思...
  • 私はどんなときでも嘘をつきません
    嘘をつくとか、正直であるべきというのは、非常に古典的で、ありふれたテーマですが、今回はこれを取り上げてみます。親というのは、子どもに正直であることを求めます。それは、子どもが自分の知らないところで、隠れて何かよからぬことをしていないか、心配になるからです。「人間はいつでも正直でないといけません。嘘をついてはいけません。」と教え込むわけです。しかし親はそういいながら、しょっちゅう嘘をつきます。「今日...
  • あなたの感情の傾向を知りましょう
    あなたがまわりの人を見回す時、いつも楽しそうな人、いつもにこやかな人、いつも怒っている人、いつも沈んでいる人、いつも無関心でいる人、などなど様々な感情の持ち方の人を見るでしょう。 あなた自身はどうでしょうか。 他人の感情傾向というのは、割とわかりやすいものですが、自分のこととなると、自覚していることと他の人から見た印象が異なる場合もあります。 あなたが普段抱きやすい感情というのはどのようなものが多い...

プロフィール

pao


老子の『タオ』とは、悩み・不安の解消、心理学的アプローチ、癒し・気づきのヒントがいっぱいのブログ。
読むだけで癒されるというコメントをいただいています。

<特定商取引法に基づく表示>
----------------------------
【販売者名】
 高田佳和
【運営責任者名】
 高田佳和
【所在地】
 京都府舞鶴市
【URL】
 タオに生きる
【Facebook】
 高田 佳和
 人生を変える「いいね!」セッション
【販売価格】
 事前にFC2ID管理画面の「決済/FC2ポイント」欄からFC2ポイントを購入し、購入したFC2ポイントを消費してコンテンツを購入して頂けます。
コンテンツの購入に必要な金額は、1ポイント=1円として計算し、各コンテンツ毎に異なります。
販売価格は各コンテンツ毎に表示しています。
▼参考URL
http://help.fc2.com/fc2id/manual/Home/point.html
【商品代金以外の費用】
 記事の閲覧やお申し込みなどにかかる通信費はお客様のご負担となります。
【商品引渡方法、引渡時期】
決済完了後、該当する記事を閲覧できます。
【返品に関する事項】
 商品の特性上、コンテンツ及びポイントの返品(キャンセル)は承れません。
【動作環境】
 下記URL先に記述されている、「推奨使用環境」を満たすデバイスが必要です。
購入前に当ブログが問題無く閲覧可能か、
必ず動作確認を行った上でご購入ください。
▼推奨使用環境
http://support.fc2.com/
----------------------------