• あせること、イライラすること(redux)
    『何かをあせってやろうとすると、かえって空回りばかりで、いつものようにうまくできない。』こんな経験、どなたにもあるのではないでしょうか。こんなとき、あなたはあなたの決めた時間でものごとが起こっていくのを期待していませんか?しかし、ものごとは、まるでそれに特有のスピードを持っているかのように、あなたの思いなど関係なく起きるべくして起きていきます。たとえば、あなたがせっかちな人だとします。そして、あな...
  • 退屈・不満・落ち込み(redux)
    退屈だと感じるとき、そこには本当はもっとやりたいことがあると訴えている自分がいるのでしょう。やりたいことがあるのに、現実はそうでないことをやらされていると感じるから、それは退屈でしかない。しかし、それを放棄して、本当にやりたいことへ踏み出すのは恐い。このジレンマが、退屈でも今のままを我慢するしかないと思わせる。しかし、見方を変えれば、退屈は他にやりたいことがあると告げている警告だと考えることが出来...
  • 「そんな事じゃない、ボクがしたいのは!」
    自我とは抵抗したいという思い タオに生きるしかし私たちは、自我が発達するにつれ、何かへの抵抗だったものが、もともと存在するものだと錯覚するようになります。つまり、自我を維持するために、そのための自我を発達させていくのです。しかし、自我のための自我、思考のための思考は、根っこを持ちません。もともとの「私」が不在のまま、それは大きくなってしまったのです。何かへの抵抗とは、何かがあってこそ成り立つ、つま...
  • 問題は100%かかわることで消滅する
    「その質問をする君が、興味深い」「質問は、質問する人を表現するんだ。それに対する返答なんかとは無関係にね」 (P446) 夏のレプリカ (講談社文庫) 森 博嗣 「InBook」 ※引用した文章は、以下の文章とは直接関係ありません。「その質問をする君が、興味深い」。質問をするには、その問題に全面的にかかわる意志をもつ必要がでてくるでしょう。それでなければ、問いかけをすることすら、ためらってしまうだろうからです。あな...
  • 神を信じよ。だがラクダをつなぐのを忘れるな。
    「神を信じよ。だがラクダをつなぐのを忘れるな。」この格言は、神様を信頼することは大事であるが、ラクダをつないでおくことは自分でできることだから、きちんとやりましょうと言っているのです。もとの話は、弟子がラクダの管理を頼まれたのに何もしないで寝てしまったら、翌朝ラクダがいなくなってしまったという話だったと思います。弟子が「神様を信頼していたので」というようないいわけをするのに対して、師匠が言った言葉...
  • かもしれない
    私の文章は「かもしれない」が多いと指摘されることがあります。それは、単に私の文章力の未熟さから来るものかも知れません。おそらくそれは多分にあります(笑)。しかし、一方で断定を避けるために「かもしれない」を使おうとしているという一面もあるのです。こころの問題というのは、簡単に断定できるものではありません。心理学や精神医学、脳科学といったものも、人の生き方に方向を示せるほどの確信が持てるものはどれひと...
  • 今日はいい日だった
    A.チャーリー・ブラウン「今日はいい日だったな・・・バカなことはひとつもしなかった・・・」B.ルーシー「じゃあ、何か気のきいたことはしたの?」A.B.「・・・沈黙・・・」わたしたちの普段の暮らしでは、Aのように悪いことが起こらなかったことを喜ぶか、Bのように役に立つ働きをできたかどうかの反省が、メインテーマになりやすいようです。片方によかった出来事、反対側に悪い出来事をおいた軸上で、今日の自分を評...
  • 落とし穴から抜け出す
    わたしたちは、解決できない問題を抱えて、身動きがとれない状態になってしまうことがあります。いくら頑張っても、結果はよくならず、解決の見込みが見えてこないのです。悪循環、堂々巡りを繰り返し、どうやっても落とし穴から抜け出せないと感じるのです。このような堂々巡りを繰り返す場合の問題点とは何でしょうか。こういった場合に多く見られる原因として、次の点を疑ってみましょう。あなたは、今までに成功したことのある...
  • あの人のいうことは理解できない2
    基本的には前回と同じなのですが、今回はあなたが本やネット上の文章を読んでいて、理解できない、あるいは理解したくない文章に出会った場合を考えてみましょう。ところで、読みにくい文章とは言っても、文章自体の書き方が悪いとか、よくまとまっていなかったり、主旨がはっきりしないという場合もあります。そういったものは、今回の話題とは直接関係ないので除外して考えます。あなたは主旨のよく解る、うまく書かれた文章を読...
  • ほんものの自己
    わたしたちは様々な場面で、ひとりの人間でありながら多くの役割を演じています。そして、いつのまにかその役割自体が、自分そのものだと思い込んでいることが、ほとんどかも知れません。父親、母親、兄弟、夫、妻、上司、部下、厳しい指導者、ひとのいい友達などなど。その役割というのは、まわりの状況から、それを次第に身につけざるを得なかったのかも知れません。あるいはそんな中で自分にはこれが好みだ、というものを自ら選...
  • あとにしよう
    あさって出来る事を明日やるな  マーク・トェイン 物事には、先に延ばした方がいい場合があります。 せっかちに、今すぐやろうとすることが、実は最大の失敗の原因であったということもあるものです。 ものにはそれを実行に移す、潮時というものがあるということですね。 ですから「何でも今すぐやる」というスローガンは、必ずしもおすすめできません。 しかし、その一方で今すぐにでも出来る事を、先延ばしにするという習慣は...
  • 脳の働きと意志の関係
    脳の研究で被験者がボタンを押す行動をする時の、脳神経の働きを調べる実験があるそうです。 この実験では被験者は「いつでも好きな時にボタンを押して下さい」といわれています。  普通に考えると、まず人が「ボタンを押そう」ということを考えて、その後に脳に司令が行き、手や指先の動作に対する命令が伝わると思うでしょう。 しかし、この実験の結果では、ボタンを押すという意志よりも前に(長い場合1秒も前に)脳の「...
  • プライドを捨てよう
    自分の弱点は誰でも見せたくないものです。 しかし、それを見せまいとして自分を鎧で守り出すと、鎧の重みで身動きがとれなくなります。 あなたが、外に見せる為の自分を作り上げることは仕方がないことですが、あまり大きなものにしてしまわない方がいいでしょう。 取り繕った自分は、砂で築いた城のようなもので、ちょっと攻撃を受けるとズルズルと簡単に崩れ去ってしまいます。 大きな城を築くほど壊れた時の被害は甚大になりま...
  • 客観視できる自分
    ひとは誰でも自分の欠点や弱点を認めたくはないものです。 自分の欠点を認めることは、自分を否定し非難することにつながるからです。 自分の一部を間違っていると認めることは、自分の存在を脅かす脅威と感じられるわけです。 ですからこのような認めたくないという反応自体は、正常な反応であるとも言えます。 しかし、一旦自分の欠点や弱点を、自分自身で認め受け入れられた時、ひとは一回り大きく成長した自分になれると言うこ...
  • 「怒り」の感情について
    All Aboutに「怒りを伝えるときに言ってはいけない言葉とは?」というのがあげられていたので引用してみました。 これは言い換えれば、怒りを挑発する、引き金になる言葉と言う言い方も出来るでしょう。 1 「だからお前はダメなんだ!」?人間性へのダメ出しをする 2 「どうせわたしは○○だよ!」?自分を卑下する 3 「あんたには無理だよ」?最初から不可能だと決めつける 4 「女の考えそうなことだ」?性別、出身地、家系、所属に...
  • 解釈しなおしてみたら
    私たちは、過去の様々な経験のなかで、思い出すのも不愉快だったり苦痛だったりする経験や、ひどい場合はトラウマと呼ばれる様な経験を抱えているものです。 ところがこのような体験は、思い出すのもいやなことだから、なかなか本質が見えないままになってしまいます。 そして過去の出来事とは言っても、記憶の中に残っているのは、客観的なその事実そのものだけではなく、かならずその出来事に対する自分の解釈がくっついているも...
  • 他人の成功はラッキーだったから?
    社会心理学で、基本的な帰属の誤り(Fundamental attribution error)という理論があります。 これは、個人の行動を説明するときに、個人の気質や個性面に原因を置きすぎて、状況的な要因を軽視しがちになるというものです。 つまり、たとえば誰かが大事な会議に遅れて来るという失敗をしたとすると、それはその人が普段から怠慢な人だから、とか責任感が足りないんだとか言った面を原因にしやすい傾向があるというのです。 その一...
  • 投げ出したくなる時
    「何もかも投げ出したくなる時」というのはどんなときなのか、急に知りたくなりました。 あまりまとまらないかも知れませんが、よかったら少しつきあって下さい。 まず「投げ出す」時の原因からタイプがあるかどうかを考えてみます。 「そんなに真剣に考えなくても」 だれでも緊張する状況が長く続くと、耐えられなくなってくるものです。 しかしこの傾向が特に強い人というのもいるようです。 「緊張する状況(プレッシャー)」を...
  • 「無心の努力」自分の非力さを知る
    私達は初めてのことに取り組む時には、一生懸命考えて恐る恐るながらも無心で取り組むのではないでしょうか。そこでは、出来るかどうかわからないという不安や緊張感、そして集中力も伴っていると思います。しかし少し慣れてくると、ついつい「これは自分の力でやったんだ」と思い込む様になってきます。実は自分のやったことなど、ほんの少しで、せいぜい目標を立てて方向を示すぐらいだったかも知れないのです。目的を決めて無心...
  • 誰が主人公か?
    むかし交流分析の講座を受講した時に、こんなことをやったのを思い出しました。「自分は○○ができない」を「自分は○○をしない」という風に言い換えてみるというものです。これは、仕方なく犠牲になって何かをやらされているわけではなく、自分が主体的に行っていることだと宣言すると言うことです。普段何気なく、「自分は○○ができない、仕方がないんだ、だって××だから」と言い聞かせてしまっていることを、自分が主体的にやらない...
  • ダンゴムシと迷路
    テレビの子供番組で、こういう実験をやっていました。ダンゴムシを迷路の中に入れる。ダンゴムシは迷路を、左、右と曲がっていくのですが、先生役の人が、左!、右!と命令すると、ダンゴムシはその通りに進んで、一度も迷わずに迷路からゴールへと進んで脱出することに成功する。見てた子供は、「日本語がわかるのかな」と感心しています。種明かしをすれば、ダンゴムシは、最初に左へ曲がると、次は右に曲がる、という風に交互に...
  • あなた本来のこだわりを大切にする
    この文章を書く上で、こだわりという言葉を使うかどうか迷いました。こだわりという言葉には、なにか意識して、頭で考えている意味合いが強い様に思ったからです。老子の話などで、よく無駄なこだわりは捨てた方が本来の自分を生かせるようになる、という意味合いのことを書いていると思います。ですから、ここで使うこだわりという言葉は、本来のあなた自身、他と比べられないかけがえのないあなた自身にこだわって見るという意味...
  • もったいない
    もったいないいま流行りのエコの話ではありません。今、自分のやりたいことをやらないでいること今日一日、この後の1週間、1年、10年やらずに済ませますか?今やっておけば、今日を振り返って満足することができるのに、一週間後に、今週はこれだけの結果が出せたと達成感が味わえるのに、そう思ってもやらないで済ませる理由はどこにあるのでしょう?ここで言っているのは、仕事の効率化の話とかではありません。本当はやって...
  • 本当にやりたいこと(2)
    実際に自分が(無意識にでも)やっていることをチェックしてみる。ということを前回書きました。意識して、自分のやりたいことを探すと、なかなか見つからないものだと思います。その1つの原因「探す」という行為は、選択を含みます。選択には、比較、批判が付いていてくるもの。批判の目で見た途端に、無条件にやってみたいという意欲は萎えてしまいがちです。やってみれば、自分を発見できたかも知れないチャンスを逃すかも知れ...
  • 本当にやりたいこと
    Be who  you are. Do wahat   you love. Have what   you need.『LIFE』 加島 祥造 PARCO出版この言葉を引用するのは2回目ですが、今回は自分が本当にやりたいこととは何かという点に絞って考えてみたいと思います。自分のやりたいことだけやりましょうとは言っても、自分が本当にやりたいことって何だろうと考えてすぐに答えが出る人は少ないと思います。AとBとCが、自分のやりたいことのベスト3だ、と言うことまで絞ること...
  • スタンプを集める
    「スタンプを集める」という表現は、エリック・バーンの提唱した交流分析という心理療法に出てくることばです。これは、人は自分の得意な(陥りがちな)心理傾向、あるいは感情状態というものを持っていて、普段からその状態になる原因となるものを探し、集めてくる傾向があることを言っています。「スタンプを集める」という表現は、スタンプを一定量集めると何かの景品に交換できるようになる、ということにたとえたものです。そ...

プロフィール

pao


老子の『タオ』とは、悩み・不安の解消、心理学的アプローチ、癒し・気づきのヒントがいっぱいのブログ。
読むだけで癒されるというコメントをいただいています。

<特定商取引法に基づく表示>
----------------------------
【販売者名】
 高田佳和
【運営責任者名】
 高田佳和
【所在地】
 京都府舞鶴市
【URL】
 タオに生きる
【Facebook】
 高田 佳和
 人生を変える「いいね!」セッション
【販売価格】
 事前にFC2ID管理画面の「決済/FC2ポイント」欄からFC2ポイントを購入し、購入したFC2ポイントを消費してコンテンツを購入して頂けます。
コンテンツの購入に必要な金額は、1ポイント=1円として計算し、各コンテンツ毎に異なります。
販売価格は各コンテンツ毎に表示しています。
▼参考URL
http://help.fc2.com/fc2id/manual/Home/point.html
【商品代金以外の費用】
 記事の閲覧やお申し込みなどにかかる通信費はお客様のご負担となります。
【商品引渡方法、引渡時期】
決済完了後、該当する記事を閲覧できます。
【返品に関する事項】
 商品の特性上、コンテンツ及びポイントの返品(キャンセル)は承れません。
【動作環境】
 下記URL先に記述されている、「推奨使用環境」を満たすデバイスが必要です。
購入前に当ブログが問題無く閲覧可能か、
必ず動作確認を行った上でご購入ください。
▼推奨使用環境
http://support.fc2.com/
----------------------------