• 年の瀬にあたって
    本年もお世話になりました。新年を迎えるに当たって抱負を考える方もいらっしゃるでしょう。しかしあまり背伸びをしてみても、結局なんにも変わらなかった自分に気がつかされることも多いのではないでしょうか。やはり自分にふさわしいことに集中してみる方が、やりがいも感じるし、結果も出やすいものだと思います。しかし、なぜか自分にすぐできることを実行するのは、進歩がないように感じて重要視しない人も多いように感じるこ...
  • 自分を取り戻すために(2)
    まわりの出来事や他人の行動にとらわれない自分、それを取り戻すためには、自己完結することがどうしても必要です。自己完結とは、つまり他のものに左右されずに、 自分の主体的な選択だけで決定できるということです。前回はこのように、自己完結ということを書きましたが、ではなぜ自己完結しないといけないのかということを、そうでないとどうなるのかという面からみてみましょう。自己完結できないと何が起こるでしょうか。ま...
  • 自分を取り戻すために(1)
    まわりの出来事や他人の行動にとらわれない自分、それを取り戻すためには、自己完結することがどうしても必要です。自己完結とは、つまり他のものに左右されずに、 自分の主体的な選択だけで決定できるということです。もちろんものごとは自分の思った通りに運ぶとは限りません。しかしそんな場合でも、それならば、自分はどう動くかを決定することはできるわけです。状況や他人の期待はずれな行動に対しても、それを嘆いて、そう...
  • 出会った時間に練習はない
    試験、試合といったものには本番があって、それまでの期間は練習と呼んで別の期間であるかのように扱います。たしかに本番である試験に焦点を合わせれば、練習が存在しますが、人生の出会いには練習などなくすべて本番であるわけです。今は練習だからといっても、それも自分の人生から見れば本番であり、すべて同じ価値を持った瞬間の連続なのです。練習だといってまだ本気でないと言っていると、本番が来ないうちに人生が終わって...
  • Yes&Noという生き方
    自分をキュートだと行ってもらいたいルーシーは、誰かれ構わず聞いて回っています。スヌーピーにも聞きに来ました。DailyStripからのsharehttp://c0389161.cdn.cloudfiles.rackspacecloud.com/dyn/str_strip/332124.full.gifクリックすると少し拡大します。「キュートだと思うのなら片耳を上げて。思わないなら両方下げたままにして。」「じゃあ、もう一度きくわよ。私をキュートだと思う?」スヌーピーは片耳を折り曲げて上げまし...
  • どちらを選ぶか迷うとき
    『選択とはすなわちこれ取捨の義なり』   法然私たちは、どちらにしようかと迷う時、どちらが得かにばかり目がいってしまいがちではないでしょうか。こっちはこの部分が優れているが、あっちは別の捨てがたい特色を持っている。どちらも手放せない。なのに片方を選ばないといけない。どうすればいいんだろう?選ぶ方にとらわれていれば、選ばなかった方には未練が残ります。あとになって、あの時むこうを選んでいればと思い出す...
  • 自分を不幸にするいくつかの衝動
    季節外れですが、「飛んで火にいる夏の虫」という言葉があります。虫は明かりの方に引き寄せられる習性をもっているのですが、それが場合によっては火の中に飛び込んで身を焼かれる羽目に陥ってしまうのです。このような身を滅ぼしかねない習性は、虫に限らず、人間の場合にもいくつか挙げられるでしょう。それはやること自体は、楽しいし、やらずにおれないような行為なのですが、それにいつまでも従っていると面倒な事態に陥って...
  • 心得たと思うは、心得ぬなり
    心得たと思うは、心得ぬなり。心得ぬと思うは、心得たるなり。蓮如世の中には、ずいぶん確信を持ってものごとを語る人がいますが、「絶対まちがいない」という言葉を多用する人はどうも信じたくなくなってしまいます。もちろん状況によっては、曖昧な言い方ではなく、確信のある言葉を相手に言ってあげないといけないということもあるでしょうから、一概には言えないのですが、聞いていて特定の前提を絶対視していると感じたら、ど...
  • どちらも正しい
    ここに、どちらが正しいかといがみ合っているふたりに聞かれた賢人が、どのように答えたかという話があります。もしかすると、似たような話を、どこかで聞かれたことがあるかもしれません。こんな話です。ふたりの男が表で何かについて言い争っています。賢人は家の中でその言い争いを聞いていたのですが、そのうちふたりのうちのひとりが怒って立ち去ってしまったようです。残ったひとりは、怒りが治まらない様子でしたが、やがて...
  • 自分を認められるのは自分だけ
    DailyStripからのsharehttp://c0389161.cdn.cloudfiles.rackspacecloud.com/dyn/str_strip/341928.full.gifクリックすると少し拡大します。チャーリー・ブラウンのお父さんが床屋さんだったのは知りませんでしたが、チャーリーはカット代金が値上がりすると聞いて、とんでもなく空想を広げてしまいます。それってすごいことだと思わないかい?そうしたら、お父さんは新しい車を4台も買って、プールもあるし乗馬も出来る、毎晩ステ...
  • 情報集めとあなたのユニークさ
    ネットの時代になって、情報収集の効率は飛躍的に発展しました。図書館で文献を探して、その中から目で追いかけて情報を探していたのと比べて、今や検索をかけるだけでズラッと必要な情報が並びます。情報を集め整理してそれを提供する人は、ネット以前にもいたわけですが、今ではやろうと思えば誰でも情報の収集家にも、提供者にもなれる時代です。プロではない情報処理の要員を一般に依頼して、それをまとめるというやり方も、新...
  • 「Less is More」
    「Less is More」これが人生のほとんどの分野に当てはまることをよく考えてみることだ。「今持っているモノで満足し、ありのままの姿を喜ぶことだ。 何も欠けていないと悟れば、全世界が自分のものになる」----- 老子 -----今日が楽しくなる魔法の言葉 (136ページ)著者: アーニー・J・ゼリンスキー ダイヤモンド社 / 2003-09-20いま手に入れたいと躍起になっているものを思い浮かべてください。出来ればそれを100%で手に...
  • こうあらねばならないなんて馬鹿げている
    「雨の日は嫌いだよ、何にも出来やしない..」「だけど考えてみると、こんなにいい天気になったとしても、やっぱりやることなんて何もないんだなあ。」DailyStripからのsharehttp://c0389161.cdn.cloudfiles.rackspacecloud.com/dyn/str_strip/344431.full.gif最初のセリフからは、「雨だから」という理由でなにもしない自分を、つい説明せずにはいられない気持ちが感じ取れます。ではこのような自分の状態を説明したくなる気持ち...
  • 毎日この神秘を少し理解する
    好奇心は、それ自体に存在理由があります。永遠や人生や実在の不思議な構造といった神秘についてよく考えてみるなら、畏敬の念をもたずにはいられないでしょう。毎日、この神秘を少し理解しようとするだけで十分です。『アインシュタイン150の言葉』ディスカヴァー・トゥエンティワン / 1997-03-31 /この文章を読んで思ったことが2つあります。ひとつ目は、やはり人生は神秘に溢れたものだととらえることです。自分が今まで理解し...
  • 牢獄からの解放 アインシュタインの言葉から
    人間とは、わたしたちが宇宙と呼ぶ全体の一部であり、時間と空間に限定された一部である。わたしたちは、自分自身を、思考を、そして感情を、他と切り離されたものとして体験する。意識についてのある種の錯覚である。この錯覚は一種の牢獄で、個人的な欲望や最も近くにいる人々への愛情にわたしたちを縛り付けるのだ。わたしたちの務めは、この牢獄から自らを解放することだ。それには、共感の輪を、すべての生き物と自然全体の美...
  • せいぜい10個の問題なんだ!
    自分の抱えている問題が自分の身だけに起こっていると思っていないだろうか。しかし、人生の問題は大きくわけて10くらいしかない。しかも、だれもがその10のうちのいずれかが形を変えた問題を抱えているのだ。だから、あなたの問題もそれほど特別なものではないのだ。【引用】『今日が楽しくなる魔法の言葉』 67頁著者: アーニー・J・ゼリンスキーダイヤモンド社 / 2003-09-20 10の問題は、それぞれ誰かによってたやすく解決...
  • 太極図 今の自分を取り戻そう
    白と黒の涙のような形の向き合ったこの図は、太極図と呼ばれます。そしてこの太極図はタオイズムを象徴するものであるとも言われます。この太極図的な世界観は、森羅万象を陽と陰の要素によって成り立っているというように考えるのです。図で言えば白いほうが陽で黒いほうが陰です。陽は行き着くと陰となり反転し、陰は行き着くと陽となり反転します。一般的には、陽をポジティブな働きかける方だと考え、陰をネガティブで受身の方...
  • 「もっと頑張らねば!」タイプの落とし穴
    いつでも「もっと頑張らねば!」と言い聞かしている。少しでも手が空くと、他にやることはないだろうかと探し始める。「よくそれだけ頑張れるね」と声をかけられるが、自分ではこれでも充分でないと思っている。休んでいると落ち着かない。このようなタイプの人っていますよね。「私もそうだ」という方、そういうタイプになんとなく憧れる方、あるいは「でもちょっとやりにくいところもあるわね」と体験を語る方、様々だと思います...
  • 老荘思想のコラム連載(11)
    『COCORiLA (ココリラ) ?癒しのポータルサイト?』様にて老荘思想のコラムを連載中です。【今月のコラム】「現代社会と老荘思想(11)」 [2010/12/05] 「どうしてあんな立派な大木を見ようともしないのですか?」師匠は答えます。「あの木は役に立たない。無用の木だからだ。」「立派な大木に見えるが、あの木で何かを作っても、すぐに腐ったりぼろぼろになってしまうから、誰もあの木を切ろうとしなかった。だから、あんなに巨大...
  • 流れに任せる/抑圧された自分の声を聞いてみよう
    以前「自然のままで十分?」で描いた水泳の達人の話があります。これは「荘子」の中にある話で、登場する人物は孔子と弟子と水泳の達人です。凄い振動音で流れ落ちる雄大な滝、魚や亀でも近づけないだろうというその滝へ飛び込む達人。孔子は、彼は自殺したのだと思い込み、弟子と共に彼を探しに行きます。滝近くの下流の川に近づいてみると、平気な顔で泳いでいるその達人を見つけ、孔子は驚いて「どうして滝に傷つけられないなど...
  • 口中の斧 /人の悪口は魅力的?
     *口中の斧(句・ウダーナヴァルガ8章) 人がうまれた時には、実に口の中に斧が生じている。人は悪口を語って、その斧によって自分自身を斬るのである。 善い言葉を口に出せ。悪い言葉を口に出すな。善い言葉を口に出したほうが善い。悪い言葉を口に出すと、悩みをもたらす。 他人が悪い言葉を発したならば、言い返すためにそれをさらに口にするな。同じような悪口を口にするならば悩まされる。聖者は悪い言葉を発する事がな...
  • 私は人の先には立たない
    私は三宝を大事にしている。 老子我に三宝有り持して之を保つ一に曰わく慈二に曰わく倹三に曰わく敢て天下の先と為らず老子道徳経 第六十七章つまり三宝とはこの三つです。「慈」(人を愛すること)「倹」(必要でないものを欲しがらない)「人の先に立たない」この中で、今回は「人の先に立たない」ということを考えてみたいと思います。もとの老子のことばをどのように解釈するかは、色々意見が分かれるようです。実は、道徳経...
  • タオイズムは努力しない
    「タオイズムは努力しない」とはどういうことでしょうか。タオイズム(老荘思想)と仏教や禅は深い関係にありますが、仏教では例えば五戒(ごかい「不殺生」「不偸盗」「不邪淫」「不妄語」「不飲酒」)といわれる戒律があったりするのに対して、タオイズムはそのような戒律的なものはなく、むしろ不自然な足かせをはめることを嫌うのです。また努力しなければできないようなやり方は、タオ的ではないと考えます。しかし、努力も勧...

プロフィール

pao


老子の『タオ』とは、悩み・不安の解消、心理学的アプローチ、癒し・気づきのヒントがいっぱいのブログ。
読むだけで癒されるというコメントをいただいています。

<特定商取引法に基づく表示>
----------------------------
【販売者名】
 高田佳和
【運営責任者名】
 高田佳和
【所在地】
 京都府舞鶴市
【URL】
 タオに生きる
【Facebook】
 高田 佳和
 人生を変える「いいね!」セッション
【販売価格】
 事前にFC2ID管理画面の「決済/FC2ポイント」欄からFC2ポイントを購入し、購入したFC2ポイントを消費してコンテンツを購入して頂けます。
コンテンツの購入に必要な金額は、1ポイント=1円として計算し、各コンテンツ毎に異なります。
販売価格は各コンテンツ毎に表示しています。
▼参考URL
http://help.fc2.com/fc2id/manual/Home/point.html
【商品代金以外の費用】
 記事の閲覧やお申し込みなどにかかる通信費はお客様のご負担となります。
【商品引渡方法、引渡時期】
決済完了後、該当する記事を閲覧できます。
【返品に関する事項】
 商品の特性上、コンテンツ及びポイントの返品(キャンセル)は承れません。
【動作環境】
 下記URL先に記述されている、「推奨使用環境」を満たすデバイスが必要です。
購入前に当ブログが問題無く閲覧可能か、
必ず動作確認を行った上でご購入ください。
▼推奨使用環境
http://support.fc2.com/
----------------------------