• 自分の中に毒を持て 岡本太郎#2
    引き続き「自分の中に毒を持て」のレビューです。いたるところ刺激的な言葉に満ちているので、なかなか先に進めないでいます。”いずれ”なんていうヤツに限って、現在の自分に責任をもっていないからだ。生きるというのは、瞬間瞬間に情熱をほとばしらせて、現在に充実することだ。過去にこだわったり、未来でごまかすなんて根性では、現在を本当に生きることはできない。本当にやってみたいと思っていることを、今すぐ始めようと言...
  • 自分の中に毒を持て 岡本太郎
     人生は積み重ねだと誰でも思っているようだ。ぼくは逆に、積みへらすべきだと思う。財産も知識も、蓄えれば蓄えるほど、かえって人間は自在さを失ってしまう。過去の蓄積にこだわると、いつの間にか堆積物に埋もれて身動きができなくなる。 人生に挑み、本当に生きるには、瞬間瞬間に新しく生まれ変わって運命をひらくのだ。それには心身とも無一物、無条件でなければならない。捨てれば捨てるほど、いのちは分厚く、純粋にふく...
  • 思った通りにならないと嘆く方へ
    自分の思った通りにものごとが運ばないので、不機嫌になることってありますよね。少々いらだつくらいならまだましで、なかにはそのことで自信を失って自分を責めてしまう人もいます。それは、もともとどうにもならない未来のことを、すべて自分で制御しようとするからです。そして、未来を自分の予言で支配したがる人は、「まずこれがこうなって、次にあれがこうなるから。。。」という具合にものごとの起こる順序まで自分で決めて...
  • 違うってことはもっと仲良くなれること
    本題に入る前に、この文章を書くきっかけになった話を少し書いておきます。Sachiko Pearl Amanogawaさんがブログ「【ぱーる基金】を増やして社会貢献の道をゆく」で、毎朝「朝の言葉」という名言などを題材にした記事を書かれています。一日を始めるにあたって、いい刺激を与えて下さることばとSachiko さんの解説が書かれています。3月25日の記事はこんな言葉でした。「人って幸せになろうと思ってなれるもんじゃない」(朝の...
  • がんじがらめ
    社会に生きる中で、自分はいま、「がんじがらめ」になっていると感じる方もいらっしゃるでしょう。がんじがらめとは、いくつも自分がいてそれぞれが個々の主張をするために、何をどうしていいのかわからなくなっているといった感じでしょう。そもそも「がんじがらめ」は「雁字搦め」と書いて、ひもなどを堅くしばりつけて、からみあったものがほどけなくなっている様子を言います。「雁字」とは、かりが編隊になって飛ぶときをあら...
  • 自分の感情についてあれこれ
    人は自分の感情は、自分1人の問題で生じていると思いがちですが、まったく他人が関係していない感情というのは、はたして存在するのでしょうか。ふと自分が腹を立てているのを感じたら、そこには怒りを向ける対象が思い浮かんでくるでしょう。そうすると、自分は○○さんに対して怒っているというように表現し、自分の感情がわかったことにしようとします。しかし、感情というのは、なかなか言葉で表現した範疇には収まってくれない...
  • 結果の予測があなたを苦しめる
    人はいつでも、いま行動しなければならない。準備する時間など、もともとないのです。結果のことなどわからないまま、ただ行動するしかない。しかし、この当たり前の事実はいつしか歪められ、忘れられていきます。うまくやりさえすれば、もっといい結果をだせるに違いないと信じ込んでいきます。実際そうなることもあるでしょうが、そうでないことも同じように起こります。その思い込みは、どんな結果になるのかを意識させ、いつし...
  • 震災に思うこと
    このとんでもない災害で、日本中がここ数日浮き足だって、熱病にでもかかったように何かをしなければと、駆けずり回ってきたような気がします。数日経っても、事態はまだ進行中で、とても振り返るような余裕はないかもしれませんが、普段コントロールしてきたつもりになっていたことが、実は想定外のことに満ちていることを改めて知らされたのではないでしょうか。私たちは普段は、自分が想定した結末に向かって着々と進んでいるよ...
  • 犯人を作らない わたしの中の怒り
    地震関係の記事を見ている中で、「この地震への怒りを捨てて下さい」というブログ記事を拝見しました。『ひろぐ : 後藤ひろひと オフィシャルサイト: この地震への怒りを捨てて下さい』よりhttp://goto.laff.jp/hirog/2011/03/post-451f.html『だから弱い生き物である人間は犯人となるべき誰かを探してしまう!怒りの矛先を向ける相手を探そうとしてしまう!』 『地震とは人類の不摂生がもたらすものとは性質が違い地球という惑星...
  • 東北地方太平洋沖地震関係リンクなど
    以下はいつもお世話になっている『ANA・JALマイルの貯め方!子供と一緒にハワイ旅行!』様のサイトからそのまま転載したものです。----------「東北地方太平洋沖地震 被災地応援リンクです!」東北地方太平洋沖地震で困っている方がたくさんいるようですね。いつもお世話になっている瑠璃色の瞳と翠色の瞳 ?Dolly&Abbie 猫物語?crystalさんからの転載記事です。[拡散希望]透析患者は透析できないと命に関わります。お願いします...
  • 感情と正直に向き合う
    「この子は誰に似たのかしら? 何をしたいのか、わけがわからない!」こんなことを思わずつぶやいてしまうお母さんもいらっしゃるかもしれません。しかし、自分には理解できないと言っているのは、社会的に受け入れられやすい表向きの説明になれてしまって、自分でも本音の感情を隠してしまった結果なのかもしれません。また、別の言い方をすれば、実はお母さん自身が自分では気づかずに取っていた行動を、お子さんなりに観察して...
  • 困った状況と落ち込み
    困った顔、落胆の表情、そこには背景に苦痛を感じさせます。中には、いつも悩みを抱えたような顔をしていることが、習慣化している人もいます。わざわざ苦しいことを求める必要などないはずですが、それが習慣化してしまったのには、それなりの理由もあったのでしょう。幼児は、自分に不快なことが起こると泣き叫んで助けを求めます。なんとなく、自分が怒ったり泣きわめいたりすることと、面倒を見てくれる人が現れることの間につ...
  • 葛藤 どちらも捨てられないが両方は成り立たない
    葛藤というのは、どちらをとればいいか思い悩むことですが、じゃあこっちに決めようで解決できるくらいなら、最初から悩むことはないわけで、そのような答えが出るのは本当の葛藤ではないのでしょう。本当の葛藤というのは、タイトルにあるように、「どちらも捨てられない」のだけれど、かといって同時に「両方は成り立たない」という問題であるわけです。たとえば、多くの方が経験することの中に、仕事をとるか家庭をとるかという...
  • 老荘思想のコラム連載(14)
    『COCORiLA (ココリラ) ?癒しのポータルサイト?』様にて老荘思想のコラムを連載中です。【今月のコラム】「現代社会と老荘思想(14)」 [2011/03/06] ◇和光同塵◇◇和光同塵◇和光同塵(わこうどうじん)という言葉を聞かれたことはあるでしょうか。この言葉は、そのままの意味としては、光を和(やわ)らげ、塵(ちり)に同ずということになります。光を和らげるとは、才知の光を和らげること、つまり自分の才能を目立たなくする...
  • 遠回り・寄り道
    人は自分自身になりさえすればいいのだ。これが、わしの基本的なメッセイジだよ。自分をあるがままに認めた瞬間、すべての重荷、山のように見えた重荷が、うそのように消えてしまうのだ。すると人生が喜びそのものになり、光のお祭りになるのだよ。--------- バグワン・シュリ・ラジニシ「自分自身になるだけでいい」この言葉ほど、誰もが見かけながら、実行せずに通り過ぎる言葉も少ないのではないでしょうか。ほとんどの人は、...
  • 誰の責任か?当事者をはっきりさせる
    何か問題が生じたときに、とっさに誰の責任だと感じるでしょうか。また、とっさに思いついた考えとは別に、あとから考えを変えることがあるでしょうか。そのとき、どのくらい抵抗を感じますか?このような反応の仕方の多くは、子どもの頃の自分の身の処し方に大きく影響を受けています。そして、そのような対処の仕方が生まれてきたのには、家族環境が大きく影響していることは間違いないでしょう。投影法とばれる心理検査(人格検...

プロフィール

pao


老子の『タオ』とは、悩み・不安の解消、心理学的アプローチ、癒し・気づきのヒントがいっぱいのブログ。
読むだけで癒されるというコメントをいただいています。

<特定商取引法に基づく表示>
----------------------------
【販売者名】
 高田佳和
【運営責任者名】
 高田佳和
【所在地】
 京都府舞鶴市
【URL】
 タオに生きる
【Facebook】
 高田 佳和
 人生を変える「いいね!」セッション
【販売価格】
 事前にFC2ID管理画面の「決済/FC2ポイント」欄からFC2ポイントを購入し、購入したFC2ポイントを消費してコンテンツを購入して頂けます。
コンテンツの購入に必要な金額は、1ポイント=1円として計算し、各コンテンツ毎に異なります。
販売価格は各コンテンツ毎に表示しています。
▼参考URL
http://help.fc2.com/fc2id/manual/Home/point.html
【商品代金以外の費用】
 記事の閲覧やお申し込みなどにかかる通信費はお客様のご負担となります。
【商品引渡方法、引渡時期】
決済完了後、該当する記事を閲覧できます。
【返品に関する事項】
 商品の特性上、コンテンツ及びポイントの返品(キャンセル)は承れません。
【動作環境】
 下記URL先に記述されている、「推奨使用環境」を満たすデバイスが必要です。
購入前に当ブログが問題無く閲覧可能か、
必ず動作確認を行った上でご購入ください。
▼推奨使用環境
http://support.fc2.com/
----------------------------