• 抵抗ゼロの進み方
    なにかをやろうとするとき、効率化、合理化を突き進めようと思うと、一直線に進もうとしてしまいます。ゴールまでの最短距離はそこに向けて引いた直線です。効率を第一に考えれば、直線で進むことこそが最良の道ということになります。しかし、たとえば自然の川は直線ではありません。地図を見ればわかるように、山から海に向かって一直線に伸びている川などありませんね。それは、川の都合で出来上がったのではなく、そこにある自...
  • せっかくのウキウキをだいなしにしないための簡単なルール
    さっきまでウキウキしていたのに、何かの拍子で思い出した1つのことがだいなしにしてしまうことってありますよね。まるで、やっと真っ白に塗り替えたキャンバスに、ぽとりと黒インクがたれたような気分。こうした些細な悩みの多くは、ちょっとした投資で防ぐ方法があります。知りたいですよね。そのルールとは、◇もし相手が私に借りがあるのに、忘れて返していない時は、私の方も忘れることにする。◇もし私が相手に借りがあるとき...
  • ルールには気をつけよう
    黄金律とは、黄金律などないということである。あなたが他人は自分にこうすべきだと思うようなことは、他人にしてはならない。好みは人によってさまざまである。--------ジョージ・バーナード・ショー欧米で黄金律という場合は、一般に次のことを指します。「人にしてもらいたいと思うことは何でも、あなたがたも人にしなさい」『マタイによる福音書』したがってそれからすると、ショーの言葉は皮肉めいているのですが、『あなたが...
  • 失望の先延ばし
    希望が行動に駆り立てる要因になれるとき、その希望は素晴らしい。しかし、希望にはもうひとつあって、行動することの代理品としての希望というものがある。これは、いつになっても実現することはない。いつか直面しなければならない失望だとわかっていながら、そのうち叶うかもしれない希望という名前を付けて自分を騙しているだけである。夢見る夢子さんが抱えている希望なのだ。行動するとは、体を動かすことをイメージしてしま...
  • 誰のルールですか
    読むこと書くことにおいては、規則を無視することはできないそれに従うことを学ぶまでは人生もそれと同じようなものだマルクス・アウレリウス私たちが不運だと感じたり、不満を持つとき、たいていは、世界のルールの方が間違っていて、そちらが変わるべきだと信じている。勝手に自分が決めたルールに、世界が従うべきだと思っているから不満なわけなのだ。しかし、それは自分のルールは世界の真実よりもリアルに見えるという人間の...
  • 逆風と闘わないこと
    自分の行きたい方向はわかっているでしょうか?わかっていても、他の人と同じことをしたくなったり、それで安心しようとすると、余計な方向に参加してしまいます。その結果受け取ることになるのは、たいてい自分にとっては逆風や横風なのです。忘れてはいけないのは、わざわざ逆風や横風と闘う必要などないということです。たとえ自分にそれをやる能力があると思っても、本当にやりたいことでなければ、関わる必要はありません。余...
  • 問題は起きる前に対処する
    問題は起きる前に対処するのがいいのですが、これがなかなかむずかしいようです。起きる前にということは、こういうことではないでしょうか。よく「いまは混乱しているから、あとで落ち着いて考えて見る」と思っていないでしょうか。実は混乱している状態こそが問題に対処するべき時じゃないのかと思うんです。その段階で取り組めば、問題が起きる前に対処できる。混乱して嫌な感じ、わけがわからない状態こそ、その感情の正体がな...
  • 本当にやりたいことを見つける2つの方法
    Be who  you are. Do what   you love. Have what   you need.『LIFE』 加島 祥造 PARCO出版自分のやりたいことだけやりましょうとは言っても、自分が本当にやりたいことって何だろうと考えてすぐに答えが出る人は少ないと思います。たとえば、AとBとCが、自分のやりたいことのベスト3だ、と言うことまで絞ることが出来たとします。そしてA>B>Cの順に強いとします。では、そこで、Aが一番自分のやりたいことだと断...
  • 嘘つきの罰
    嘘つきの罰とはひとに信じられなくなることはもとよりほかのだれをも信じられなくなることであるジョージ・バーナード・ショー 誰よりも嘘をついてはいけない相手は自分自身誰よりも疑ってはいけない相手は自分自身誰を信じようと勝手だが、自分自身だけは疑ってはいけない自分を信じられるようになるには、自分にも、他人にも、嘘を言わないことだ嘘が嘘を呼ぶということもあるこれくらいのうそならと思って軽くみないことそれよ...
  • 安全になればなるほど
    当面の危機を脱してホッと一息つく。そこまではいいのですが、そのあとこの安全をいつまでも確保したいと思い出します。何かが起こればそれに対処する。そんな本来の自然さは失われて、起こるかどうかわからないことへの対策に追われるようになります。10の安全を手にすると、次は20、次は50と果てしなく拡張し続けなければなりません。いつまでも反省できないのも困りますが、それ以上に有害なのは、たったひとつの不都合に...
  • Why do you run ?/ なぜさまよい惑うのか?(2010改正版)
    Why do you run ?/ なぜさまよい惑うのか?(2010改正版)気に入っていただけたらワンクリック ⇒  Facebookページ:→ 『人生を変える「いいね!」セッション』...
  • 誰かの一言で
    誰かの一言で人生が変わったなどというのは錯覚にすぎない。もともと自分がもっていたものが発動しただけだ。尊敬と従属は同じではない。無条件に依存される側の人もいなければ、依存する側の人もいない。他人も自分も買いかぶらないことだ。人間の意思なんて大したことはない。どうせ過去のしがらみだから。しかしそれすらわからなくなるほど、社会化され言葉で生きてしまうのが現実なのだろう。その結果、なんにでも意味づけしな...
  • 『生き方のインストラクション18』
    気に入っていただけたらワンクリック ⇒  Facebookページ:→ 『人生を変える「いいね!」セッション』...
  • 間違いをおかさない人は
    私たちは成功からよりも、失敗からより多くの知恵を学びます。私たちは、しばしば、できないことを見つけることによって、できることを発見します。間違いをおかさない人は、おそらく、決して新しいことを発見することはないでしょう。サミュエル・スマイルス「できないことを見つけることによって」これはもちろん新しいことに挑戦することによってです。決して、頭の中でできないことを数えることではありません。「あれもできな...
  • 感情そのものになってみる
    感情とか欲求というものは、時としてコントロールできない厄介なものになってしまいます。感情的になっている相手を扱うのもなかなか難しいものです。ところで、私たちはふつうこういった感情や欲求を扱うときに、感情と感じる人、欲求と欲求を感じる人、というように分けて考えるのではないでしょうか。それが当たり前のようになっていますが、本当に感じる人が感情とは独立して存在するものでしょうか?実はそのように考える習慣...
  • 『私の側に来なさい』 アイ・アム・ザットより
    アイ・アム・ザットよりマハラジの言葉『ある特定のものとして生まれたと想像することで、あなたは特定のものとして在ることの奴隷になってしまう。あなた自身を過程として、過去と未来、そして物語をもつ者として想像することは奴隷状態の本質なのだ。実際には、私たちに物語はない。私たちは過程ではなく、発展もせず、崩壊もしない。すべてを夢と見て、動じずにいなさい。』マハラジの本を最初に読んだのは、10年以上前だろう...
  • 過去を捨て去る
    唯一勇気のいることは、過去をきっぱり捨て去ることだ。過去を集めず、過去を積み重ねず、過去にしがみつかないことだ。誰もが過去をひきずっている。そして、過去に執着するからこそ今を生きることができないのだ。バグワン・シュリ・ラジニシ気に入っていただけたらワンクリック ⇒  Facebookページ:→ 『人生を変える「いいね!」セッション』...
  • 親の責務とは
    あなたの子どもたちは、あなたの持ち物ではないと気がついたら、そう彼らは自らの存在に生きているのです、あなたは子供たちに対してはただの通行人になりましょう。そして、あなたが何人かの美しい子どもたちを、そばで見届ける人になれたことに感謝するのです。彼らが可能性を最大限発揮できるように、成長を妨げてはなりません。彼らにあなた自身を無理強いしてはなりません。子どもたちはあなたと同じ時間を生きるわけではあり...
  • エックハルト・トール~『反応し合うのはエゴの関係性』
    気に入っていただけたらワンクリック ⇒  Facebookページ:→ 『人生を変える「いいね!」セッション』...
  • 競争とは
    競争とは、気を抜いたら負けてしまうという恐ろしい脅しをかけてくるシステムだ。取扱注意!脅しをかけてくるものには先手を打つのが一番。いつ参加しいつ身を引くかをわきまえれば自分を見失わないでいられるだろう。やる前に怖がったり、いつまでも引きずってはならない。気軽に参加して、気軽に立ち去ろう。気に入っていただけたらワンクリック ⇒  Facebookページ:→ 『人生を変える「いいね!」セッション』...

プロフィール

pao


老子の『タオ』とは、悩み・不安の解消、心理学的アプローチ、癒し・気づきのヒントがいっぱいのブログ。
読むだけで癒されるというコメントをいただいています。

<特定商取引法に基づく表示>
----------------------------
【販売者名】
 高田佳和
【運営責任者名】
 高田佳和
【所在地】
 京都府舞鶴市
【URL】
 タオに生きる
【Facebook】
 高田 佳和
 人生を変える「いいね!」セッション
【販売価格】
 事前にFC2ID管理画面の「決済/FC2ポイント」欄からFC2ポイントを購入し、購入したFC2ポイントを消費してコンテンツを購入して頂けます。
コンテンツの購入に必要な金額は、1ポイント=1円として計算し、各コンテンツ毎に異なります。
販売価格は各コンテンツ毎に表示しています。
▼参考URL
http://help.fc2.com/fc2id/manual/Home/point.html
【商品代金以外の費用】
 記事の閲覧やお申し込みなどにかかる通信費はお客様のご負担となります。
【商品引渡方法、引渡時期】
決済完了後、該当する記事を閲覧できます。
【返品に関する事項】
 商品の特性上、コンテンツ及びポイントの返品(キャンセル)は承れません。
【動作環境】
 下記URL先に記述されている、「推奨使用環境」を満たすデバイスが必要です。
購入前に当ブログが問題無く閲覧可能か、
必ず動作確認を行った上でご購入ください。
▼推奨使用環境
http://support.fc2.com/
----------------------------