• 常識と名のつく束縛を摩滅してみる
    机や椅子の脚はほとんどが4本ですね。ちょっと想像してみると、3本脚より4本脚だった方が、どの方向から力を加えてもより安定できるように思えます。じゃあ、5本、6本と増やせばより安定するのだろうか?長細いの机なら間に2本追加するとよさそうですが、大体4本が都合良さそうです。なんとなく奇数の本数は安定性を欠くような気もしてきますね。動物も4本脚が一般的、しかし尻尾を使って安定する動物もいますし、大きな尻尾でノシ...
  • 罪悪感は正しくないことをしたから?
    罪悪感を感じるのは正しくないことをしたからでしょうか?この問いに答える前に、正しさについて考えなければなりません。正しさとは、自分が暮らす社会の価値観を反映したものです。絶対的な正しさなど、考えてわかるものではないでしょう。あなたが、他の時代や他の国に生まれていれば、その正しさの考え方も変わるでしょう。いまの自分の社会通念から正しいと思うことをしても、他の国や時代では、滑稽なことだったり、悪いこと...
  • あこがれは時に現実逃避?
    あこがれは時に現実逃避でしかないことがあります。あなたは、それを目指して日々頑張りますが、どうやってそうなれるかはちっとも見えていない。「しかし、希望を抱くことはいいことでしょ?」「少なくとも、それに向けて頑張っている私はこれでいいはず。」そう言い聞かせていても、とてもその目標は遠く、現実感を持ってそれをイメージできないなら、今の現実から逃げているだけかもしれません。いまやっていることなど大したこ...
  • 変わらずにはいられないものだ
    私たちは自分の力でもの事をコントロールすることに対して、現実離れした価値を与えてはいないでしょうか。「成り行きで生きている」ことは、誰にでもできる価値のない生き方で、「自分でコントロールして」こそ人間としての価値がある生き方だいうように。しかし、自分でコントロールしていると思っていることは、実際には幻想に近いのです。私はこれがやりたくなった。ー>だからそれを自ら選んで実行した。ー>私はすべて自分の...
  • 悲しむ時が来るのを恐れていませんか?
    よろこびは、悲しみが仮面を外した姿。笑いの湧き出る井戸は、涙であふれる井戸でもあります。それ以外になにでありえるでしょう?悲しみがあなたを深くえぐればえぐるほど、そこによろこびを満たしていくことができるのです。悲しみは避けるものではありません。よろこびも「いつまでもそのままでいて」と願う対象ではありません。どちらも、あなたの今の状態を表しているだけです。変化するあなたが、今どちら側にいるかだけです...
  • きれいごとだ!~毒蛇は相手に持ち帰ってもらいましょう。
    『そんなのは、きれいごとだ!』こんなふうに、敵意むき出しで言ってくる人がいます。あなたはそういう経験がないから言えるんだ。私の苦労はとても他の人には理解できないほどひどいのだ。あんたたちにはわからないんだ。そのようにおっしゃいます。こんなことを言われた方は、たいてい罪悪感を感じないといけない気持ちにさせられます。わたしは貴方様には頭が上がらない。いつも楽に生きていて、あなたのような方が苦労している...
  • 説明しない、理由を言わない
    自分のしていることを説明しない。つまり、理由を、言い訳を考えるのをやめてみる。本当にこのことを実践する気になれば、それだけであなたのつまらないゲームは終わりを遂げるでしょう。あなたが理由を説明したいのは、あなたの抱えている「あるべき姿」と私は違っていないよ、と言いたいわけです。つまりは、あなたは「あるべき姿」に振り回されて、それに合う自分に見せかけることに必死になっています。くだらないと思いません...
  • 落ち込みについて考えてみよう
    落ち込みについて、いくつかの視点から考えてみましょう。まず、年中落ち込み気味の人、そちらに傾きやすいという、基本的な傾向があるという人。一方で、たまたまストレスが重なって、一時的に落ち込んでいる場合。これらは区別して考えなければなりませんね。そして、前者については、その原因を探ってみる必要があるでしょう。自分が落ち込んでいることを、自分自身で認識出来ればいいのですが、なかなかそうは行きません。その...
  • 勝ち犬のあなたはこう語る
    勝ち犬のあなたは、「こんなことくらいなんでもない。私にはできるに決まっている。」と主張します。しかし、いざ相手に向きあうと、あなたの弱気な部分が現れて、勝ち犬が宣言していたようなことは言えなくなってしまう。気がつけば、あなたは相手の気に入ることに合わせて、肝心な要求は言えないままになってしまう。「いえ、お気遣いなく、そんなことは自分でやりますから・・・」終わってみると、どうして言えなかったんだと後...
  • 頭のなかのおしゃべりを止める
    『頭のなかのおしゃべり』って一体どういうものでしょう。あなたが、密かに怖がっている事態がある、ずっと不安に思っていることがある、そのことには触れたくない、認めたくないことがあると、ずっとそれらはあなたの頭の中に住み続けます。めったに表面には上がってこないけれど、でも「うすうす」そういうものがあることを知っています。しかし認めたくない、無意識に、ひたすら避けようとしています。気がつくと今ボーとしてた...
  • シンプルに生きるとは
    今の生活は充実しているだろうか?忙しいかどうかではなく、やりがいのあることに時間を使えているかどうかだ。もしそうでないなら、なにか停滞していると感じるなら、やりたくもないことを、やっているということだ。やりたくもないことを、これが生きがいだと自分を騙しているにすぎない。たいてい人はシンプルには生きられない。自分の信念を捨てるくらいなら、現状のままでいいやと思ってしまうからだ。くだらない信念も、いっ...
  • 慰めを探すより、誰かを慰めてあげよう
    疲れて何処かに慰めの言葉がないかと探しまわる。でも、めったに効果はありませんよね。それよりも、誰かを慰めてあげよう。あなたは自分が慰めが必要なことを忘れてしまうだろう。もともとあなたには、慰めなど必要なかった。慰めてもらわないといけないような余計なものを背負ってしまっただけだから。ちょっと横にどけるだけで、あなたは他の人を助ける余裕ができる。頑固に私こそ助けが必要と言い張らなければ、「一体何の助け...
  • 意地悪な人と攻撃的な人
    意地悪な人と攻撃的な人とは、その根底にその人のおそれが隠れている点では、同じようなメカニズムが働きます。恐れを正面から見たくないので、それを覆い隠すだけのイベントを発生させるのです。意地悪な人は、正面から自分を受け入れてもらえないというおそれから、純粋に自分の期待することを表現したり、要求することができません。しかしひとりぼっちでは寂しいので、意地悪をして相手の注意を引きつけます。そのため、相手の...
  • ある人生相談
    学校を卒業してこれから社会に出ようという人、でも自分のやりたい仕事がわからない。そんな人に向けて、こんな人生相談を見かけます。自分のやりたい職業に就ける人はそれだけの努力をした人か、飛び抜けた才能の持ち主だけです。たいていはどこの学校を出たかで就職はきまってしまうので、何をしたいかを考えたところで、内定が貰える企業はそんなに変わりません。どの大学に入れたかという時点で、ある程度職業や企業レベルは限...
  • 憎しみの根にたどりつきたいですか?
    あなたの恨みに根はない。だから時間を無駄にしないように。それは根のない植物だ。あなたの憎しみ、怒り、すべてが根無しだ。それらはあなたの誤解から生じている。私の父親は、私を自分のイメージに合わせようとして最善をつくした。母親も、私を愛したすべての人も、そうしようとした。私は彼らの意図を疑うことはできない。彼らの意図は善意から出たものだった。☆~⌒☆だから、これは全人類の系図だ。ひとりひとりの個人がこの...
  • 落胆や失望につきあっても・・・
    落胆や失望につきあっていても、どこにも行き着かない。それは行き場所を知らないし、運命も自分が何かもわかっていないものだから。そこから抜け出すには、まずは自分がどこにも行き場所がなくなったことを認めること。考えても、考えても堂々めぐりするだけ。今の自分の探している場所には答えがないと、これ以上失望できないように認めてしまおう。そうでもしないと、あなたはまだ探せば見つかる可能性があると諦めないから。と...
  • 昔話の好きなお殿様~そして~バイロン・ケイティ4つの質問
    バイロン・ケイティの言葉の前に、お話好きの殿様のお話をしましょう。とてもむかしばなしの好きな殿様がいました。いくらでも昔話を聞いていたい殿様、家来は次々と昔話をきかせますが、やがて話は途切れてしまいます。「なんだもう終わりか!」殿様は飽くことを知りません。いろんな人を呼び寄せて話をさせますが、結局はなしは途切れてしまい失敗に終わります。この殿様に「もう昔話は飽きた!」と言わせる人間は現れるのでしょ...
  • 見守るけれど、追いかけない
    これは大事だと思うと、忘れないように見守っていようと思う。そこまでは問題ないでしょう。しかし、大事なことだからと、ついつい追いかけて必要以上に深入りし、もっともっと先をと追求してしまうものです。ですが、実際には適当なところまできたら、それ以上は追求せず適度な距離を保つことが私たちを快適なままでいさせてくれるものです。否定せず、拒まず、しかしすべて受け入れることもしない。それがいつも新鮮にまわりと付...
  • 不愉快な思いをしたら嘆くより、そこから大いに学ぼう
    「だから嫌だったんだよ。やっぱりやらなければよかった!」私たちは、そんなふうに嘆きながら、不愉快な思いをしたことに何とか説明をつけようとします。一番ありそうなのは、状況が悪かったとか、相手が悪かったという理由で説明しようとすることです。「あいつのせいだよ、どう考えても。それ以外にない。私はちっとも悪くない」と言いたくなるのです。しかし、そんなふうに決めつけてしまえば、せっかくの経験から学ぶ機会を失...

プロフィール

pao


老子の『タオ』とは、悩み・不安の解消、心理学的アプローチ、癒し・気づきのヒントがいっぱいのブログ。
読むだけで癒されるというコメントをいただいています。

<特定商取引法に基づく表示>
----------------------------
【販売者名】
 高田佳和
【運営責任者名】
 高田佳和
【所在地】
 京都府舞鶴市
【URL】
 タオに生きる
【Facebook】
 高田 佳和
 人生を変える「いいね!」セッション
【販売価格】
 事前にFC2ID管理画面の「決済/FC2ポイント」欄からFC2ポイントを購入し、購入したFC2ポイントを消費してコンテンツを購入して頂けます。
コンテンツの購入に必要な金額は、1ポイント=1円として計算し、各コンテンツ毎に異なります。
販売価格は各コンテンツ毎に表示しています。
▼参考URL
http://help.fc2.com/fc2id/manual/Home/point.html
【商品代金以外の費用】
 記事の閲覧やお申し込みなどにかかる通信費はお客様のご負担となります。
【商品引渡方法、引渡時期】
決済完了後、該当する記事を閲覧できます。
【返品に関する事項】
 商品の特性上、コンテンツ及びポイントの返品(キャンセル)は承れません。
【動作環境】
 下記URL先に記述されている、「推奨使用環境」を満たすデバイスが必要です。
購入前に当ブログが問題無く閲覧可能か、
必ず動作確認を行った上でご購入ください。
▼推奨使用環境
http://support.fc2.com/
----------------------------