• 過去は捨てられない?〜『恐怖は逃げようとするときにだけ存在する』
    『過去も今の自分を作ってきたものだから、捨てられない。だから今だけに生きるなんてできるわけがない。どうだ間違ってないだろう。』そのような意味のことを言う方がいます。確かに過去の記憶をすべて消し去るなんてことはできない。しかし、だから今に生きることなんてできないという結論が出せるわけではない。今に生きるというのは、自分の過去のすべてが作り上げた、いま現在の自分を、全体として生きるということだから。そ...
  • 対象と一体になる〜もっと単純で、もっと力強い自分になるのだ
    見物人になるのではなく、自分も参加し、それと一体になってみよう。そうすれば、参加要領など知らなくても楽しめる。複雑なルールなど知らなくても、今起きていることにすぐにでも参加できる。自分も加わることとはどういうことだろう。自分も対象と一体になって、その一部として参加している。自分もその対象そのものになってしまうということだろうか。当然その時、私は私のちっぽけな自我の視点からは見ていない。人がやってみ...
  • 「わかりきったこと」と実際にしていること
    生きているということは素晴らしいと思っている人にとって、生きているということは素晴らしい。なぜって、その人が、生きているということは素晴らしいと思っているのだから。 生きているということはつまらないと思っている人にとって、生きているということはつまらない。なぜって、その人が、生きているということはつまらないと思っているのだから。 どうだろう、こんなふうに言われて、君は何か意外なことを聞いたよう...
  • 私とあなたとは?〜これは私が作り出したイジワルなあなた
    私とあなたとは何か?私は、あなたをあなたと見ない限り、私という存在も現れては来ないのです。あなたが存在するから、それと向き合っている私という存在を認識できるのです。そして、あなたを創りだしたのは私です。私が私でいられるのは、あなたとの関係をつくり出すからです。何を言ってるんだ、私の頭を叩いても、痛いと感じるのは私だけで、あなたは痛がらない。私とあなたが別の存在であるのは明らかじゃないか!と言われる...
  • ちっぽけな自分を捨てること
    19 本物と偽物もしも、ある人の仕事、ある人の姿が、他の人に感動をもたらすとしたら、それは、その人の仕事、その人の姿が、その人でありながらその人でない、その人を超えた何か大きなものに触れているからだ。だからこそ、それは、その人ではない他の人にも、感動を与えることになるんだ。もしもそれが、自分の欲得を計算して為されたような仕事だったら、どうしてそんなものが他人に感動を与えるはずがあるだろう。~中略~天...
  • 人はわがままなもの
    前回の「発想を変えてみよう」から「他人はわがままなものだと受け入れてみる。」ということを取り上げてみましょう。人はわがままなものであるのは、人間性というものがそのようにできているということです。「わがまま」という表現に抵抗があれば、「人はだれでも自己関心に基づいて反応し行動する」と言い換えてもいいでしょう。このことは、逆の方向から考えたほうがわかりやすいかもしれません。私たちは、結果的にこれとは逆...
  • 発想を変えてみよう〜人生は不可解
    私たちが不満を感じる原因は、「これが正しい」と信じていることと、現実の間に食い違いがあるからです。それを、現実の方が変わるべきだと頑張り続ければ、不満やストレスがどんどん溜まってきます。逆の発想をしてみましょう。☆現実は変わらないし、私一人では変えられない。でも私が変わることならすぐにでもできる。☆私の方が変わることを、妥協だとか私の負けだと思わないこと。そのように主張しているのもまた私のエゴなので...
  • 取り込んだ自分~私はそうすべきでしょうか?
    自分の中にある心理を、誰か他の人が持っているように感じることは、投射と呼ばれる防衛機制の一つで、比較的よく知られています。たとえば、自分が欲しいものがある時、「みんなが欲しがっている」と思うとか、自分の不安に思っていることを他人に投影して「これを不安に思っている人も多いですね」とか言ったりする場合です。この投射(プロジェクション)と、ちょうど逆の心理は取り込み(イントロジェクション)と呼ばれます。...
  • 「あいつ気に入らないから、意地悪してやろう!」
    「あいつ気に入らないから、意地悪してやろう!」こんなことは、だれでも一度ならず考えたことがあるだろう。若い頃はなにかと考えていたような気がする。いまでも、疲れていると、そんなことを思ったりもするけれど、結果的には、直ぐにやめてしまう。だいたい、意地悪をしたり、人を恨んだりすることは割にあわないからだ。少しでもそういう部分を作ると、自分の心の中がスッキリした秋の青空のようになれないからだ。ほんのちょ...
  • ひと足遅れの反応
    今回は、なぜ「いま、ここ」での反応が必要なのかという話です。「いま、ここ」の重要さを説く人は様々いらっしゃいますが、ここではゲシュタルトセラピーのパールズの考えから話を進めます。パールズはT.S.エリオットから2つの言葉を引用しています。「殆どの人間は、無限の苦痛を感じながら自己欺瞞に陥っているけれども、決して自分を欺くことに成功したものはいない」「人間は一足遅れの反応をする動物である」最初の言葉...
  • はかなさとのつきあい
    「人生が虚しい」などという人間は、決まって永遠不変の確実なものを欲しがっている。自分の作ったものが、いつまでも価値があり続けないと、機嫌が悪くなる。だれかとの関係が、そのまま永遠に続いてくれないと、もうおしまいだと言い出すのだ。生きることの本質が「はかなさ」にあると気づいている人間は、はかなく変わってしまったことに対して、いちいち嘆いて時間を過ごしたりしない。もともとはかないものだと思っているから...

プロフィール

pao


老子の『タオ』とは、悩み・不安の解消、心理学的アプローチ、癒し・気づきのヒントがいっぱいのブログ。
読むだけで癒されるというコメントをいただいています。

<特定商取引法に基づく表示>
----------------------------
【販売者名】
 高田佳和
【運営責任者名】
 高田佳和
【所在地】
 京都府舞鶴市
【URL】
 タオに生きる
【Facebook】
 高田 佳和
 人生を変える「いいね!」セッション
【販売価格】
 事前にFC2ID管理画面の「決済/FC2ポイント」欄からFC2ポイントを購入し、購入したFC2ポイントを消費してコンテンツを購入して頂けます。
コンテンツの購入に必要な金額は、1ポイント=1円として計算し、各コンテンツ毎に異なります。
販売価格は各コンテンツ毎に表示しています。
▼参考URL
http://help.fc2.com/fc2id/manual/Home/point.html
【商品代金以外の費用】
 記事の閲覧やお申し込みなどにかかる通信費はお客様のご負担となります。
【商品引渡方法、引渡時期】
決済完了後、該当する記事を閲覧できます。
【返品に関する事項】
 商品の特性上、コンテンツ及びポイントの返品(キャンセル)は承れません。
【動作環境】
 下記URL先に記述されている、「推奨使用環境」を満たすデバイスが必要です。
購入前に当ブログが問題無く閲覧可能か、
必ず動作確認を行った上でご購入ください。
▼推奨使用環境
http://support.fc2.com/
----------------------------