私の考えを信じないので、悲しみは存在しない

10394061_10152892782909150_5276257022578153677_n.jpg

『私は自分の考えを信じないので、悲しみは存在しない。』

"Because I Don't Believe My Thoughts , Sadness Doesn't Exist." - Byron Katie

https://www.facebook.com/theworkofbyronkatie/photos/a.10150536570889150.372583.93319279149/10152892782909150/?type=1&theater



主義主張こそが第一だと言う人もいれば、感情は考え方などより重要なものだと主張する人もいるでしょう。

感情もまた思考の一部であり、思考によって引き起こされる反応だといいきることに、賛成しない人もいるでしょう。

実際この投稿にもさまざまな意見が寄せられています。一言でいえば、感情がないのではロボットじゃないか、と言っているようですが、感情のあるなしでロボットに対抗しても仕方ないような気もしますが。

このような思考の後には、このような感情を抱く、と言うようにプログラミングすれば、感情を表現するロボットだって作れるでしょう。
でもそれは作り物の感情であって、感情とはもっと本来的なもの、神聖なものだと反論されると、またきりがなくなってしまいます。

感情と思考は確かに違った性質を持っています。
思考は自分でコントロールできるもの、感情は理屈でわかってもコントロールできないものという点で大きく違うと考えるのでしょう。
しかしどちらも記憶の現われかたと考えると、それらは現れ方の違いだけのような気がします。

思考もまた、過去の思考を引きずるものであり、だからこそ、その人の性格の一貫性もあるわけです。「いまここで、まったく新しい考えが浮かんだ」と言っても、やはり過去の思考を抜きにしては語れません。

もちろんまったく新しいビジョンを手に入れることはあるかもしれませんが、それを自分に取り込むときには、やはり過去の思考に影響を受けた、マージされたものになるでしょう。
ですから、同じ新しい考えに接しても、全員が同じ考えを発展させるわけではないのです。

感情は思考よりも、身体の反応と結びつきやすい面があります。それがまた思考とは異なるもので、根本的に違うものと考えたくなるのかもしれません。しかし、これも感情と身体の反応がセットになって記憶されたものと考えれば、感情もまた記憶の再生なのです。

そして、そもそもKatieが言おうとしているのは、「その考え」を信じなくても、「その感情」が生まれてきただろうか?と言うことなのです。

思考と感情の因果関係は、1対1に対応できるほど単純ではありません。
その「感情」が生まれてきたもとになる「考え」にたどり着くのは、一件無関係のように見えたり、かけ離れていると思ったりすることもあるでしょう。

しかし先ほどのロボットに感情を組み込む例で言えば、より細かい対応関係や、ファジーなプログラミングを積み重ねれば、人間以上に敏感な感情の変化を見せるロボットができないとも限りません。

私たちが感情に振り回されて、自分や他人に悪影響をもたらすとしたら、思考と感情の関係を探ってみることも必要です。
ケイティさんのように、時には普通の常識からかけ離れているような受け取り方はできないまでも、「その考えがなくても、苦しい感情が生まれてくるものでしょうか?」と問いかけることは、自分に大きな転換をもたらしてくれるでしょう。

一つだけ、コメントとそのやり取りを紹介しておきます。幸せな(happy)感情の場合はどうですかと言うものですが、happyと平穏な気分(peace)とを比較して述べています。そもそも、そこになにもないとき、私たちは平和であり、快適なのだとしたら、感情はなぜ生まれてくるのか?を考えると、全体の理解も深まるのではないでしょうか。それは自然に沸き起こってくるものと言うより、考えと結びついて呼び起こされる感情なのです。

Michael Cupoさん:
そこには悲しみと結び付けられたストーリーだけがあるのです。
困っている人への同情はあります。しかしその人が物語を作らない限り、悲しみと同じものにはならないのです。
私はこのことをつかむのは簡単ではないと知っています。
そして、雑音に満ちたマインドでは、それをつかまえられないのです。なぜなら悲しみとは雑音の一部だからです。
ストーリーを作り出すマインドからは、ストーリーのない状態というのが想像できません。多くの人はこの考えに賛成しないでしょうが、それは(ストーリーなしの)状態が想像できないからだけなのです。
各瞬間がその人の人生を創りだします。それを創られたストーリーにもできるし、平和なものにもできるのです。このことは、平和な人生を送りたいと思うなら、探求されるべきことです。そうでないと条件付けられたマインドで(感情に振り回される)ジェットコースターに乗ったままになるでしょう。

Moira Hamel - smith さん:
幸せなストーリーについてはどうなのでしょうか?

Michael Cupoさん:
私にとって、人生は本来ストーリーが必要なものではありません。
ある人たちはストーリーを必要とします。そして(感情に振り回される)状態でいいのならそれはかまいません。
しかし私は、ストーリーのない状態がいつも平和をもたらすものであると知っています。
私は幸せ(happiness)については、それが何であるかよくわかりません、しかし、平穏さ(peace)が何であるかについては知っています。

Michael Cupo:
There is only an attached story of sadness. There is compassion for those who suffer, but that doesn't equate to sadness unless one creates a story. I know this isn't easy to grasp and it won't be grasped with a mind that's filled with noise because sadness is a part of the noise. A mind that creates the story cannot see what it is to be without a story, so many will disagree with this, but only because it isn't seen. Each moment makes one's life, it can be a created story or it can be one of peace, this will have to be investigated to be able to have a life of peace, or not and remain on the roller coaster of the Conditioned Mind.

Moira Hamel-smith:
What about happy stories?

Michael Cupo:
For me life as it is doesn't need a story. Some need a story and that's ok if that's what's there, but I found without a story there is always peace. I'm not even sure what happiness is, but I do know what peace is.

関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

pao


老子の『タオ』とは、悩み・不安の解消、心理学的アプローチ、癒し・気づきのヒントがいっぱいのブログ。
読むだけで癒されるというコメントをいただいています。

<特定商取引法に基づく表示>
----------------------------
【販売者名】
 高田佳和
【運営責任者名】
 高田佳和
【所在地】
 京都府舞鶴市
【URL】
 タオに生きる
【Facebook】
 高田 佳和
 人生を変える「いいね!」セッション
【販売価格】
 事前にFC2ID管理画面の「決済/FC2ポイント」欄からFC2ポイントを購入し、購入したFC2ポイントを消費してコンテンツを購入して頂けます。
コンテンツの購入に必要な金額は、1ポイント=1円として計算し、各コンテンツ毎に異なります。
販売価格は各コンテンツ毎に表示しています。
▼参考URL
http://help.fc2.com/fc2id/manual/Home/point.html
【商品代金以外の費用】
 記事の閲覧やお申し込みなどにかかる通信費はお客様のご負担となります。
【商品引渡方法、引渡時期】
決済完了後、該当する記事を閲覧できます。
【返品に関する事項】
 商品の特性上、コンテンツ及びポイントの返品(キャンセル)は承れません。
【動作環境】
 下記URL先に記述されている、「推奨使用環境」を満たすデバイスが必要です。
購入前に当ブログが問題無く閲覧可能か、
必ず動作確認を行った上でご購入ください。
▼推奨使用環境
http://support.fc2.com/
----------------------------