そこに静かにしようとする誰もいないとき、完全な沈黙があります~非二元の解釈の試み

m010280.jpg

時々、私はみなさんに言っています。
『静けさのままいなさい』と、しかし、エゴイックなアイデンティティが落ちたなら、あなたは『静けさのままいなさい』というこのアドバイスさえ、意味がなくなることに気づくでしょう。
静かにしているべき誰も、いません。
そこに誰かが静かにしていようとしているときには、雑音があります。
そこに静かにしようとしている誰もいないとき、完全な沈黙があります。
~ムージ(oceanandwaveを通して)

Sometimes I say to people, 'Keep quiet,' but once the egoic identity drops away, you will come to see that even this advice to 'keep quiet' becomes meaningless.
There is nobody left to keep quiet.
When there is somebody there to keep quiet, there is noise.
When there is nobody left to keep quiet, there is unbroken Silence.
- Mooji (via oceanandwave)



そこに誰かが静かにしていようとしているときには、雑音があります。
そこに静かにしようとしている誰もいないとき、完全な沈黙があります。

この2つの違いは、そこに行為者がいるかどうかですが、誰もいないとはどういうことなのか、普通に考えても想像できませんね。
それは少なくとも、私はいつもここにいて、私が関知していることは「私がそれを行ったり、考えたりしている」ことが当たり前になっているからです。

「我を忘れて」という言葉がありますが、しかし私たちが「私」がいない時間を過ごすことは非常に少ないと思います。それは絶えず「思考」が入り込んできて、私の不在を避けようとするからです。

言い換えれば、「私がいなくなる」ことを私たちは恐れています。
いつも「私」の監督下にいないと、不安で落ち着かないのです。
非二元の教えで言われるような「私はいない」とか「誰もいない」とか言われても、なんの冗談かと思われるでしょう。

しかし、この世界で他とは分離した「私」というものが本当に存在するのでしょうか?
あるいは、私たちの苦しさとは、「私」を存在させるために、生み出されているといったことについて考えてみましょう。
「私が消えてしまうというなら、本末転倒、そんなのゴメンだ」と思う人のために、なぜ非二元の教えはそのような奇妙なことを言い出すのか、すこし考えを遊ばせてみましょう。

さてようやくここから、本題に入ります。

まず、私たちの思っている世界を考えてみましょう。
まわりに見える世界があって、その中で暮らす複数の人間がいて、その中のひとりとして私がいます。そしてそれぞれの人間は、外の世界とも他の人間とも切り離された、分離した存在であると思っています。
私とは、この身体を持ち、その中のどこか(脳など)が考えることで、身体を動かしたり、いろんなことを考えたりします。
私の考えとは、私がいてそれを考えたのであり、また何を考え、何を行うかは、全て私が決定する意思を持った存在です。

しかし、私が独立した存在、他とは分離した存在であることは、どうやって確信しているのでしょう。

一言で言えば、そう見えているからではないですか?

そして、そう見えるようになったのは、物心ついてからそのように教えられ、身体でそのことを叩き込んできたから、今の世界がそれが当たり前のように見えるわけです。

ではこういった考えはどうでしょう?

まず起きることが起きる、そしてあなたは説明せずにいられないかもしれないが タオに生きる

あなたが考えたことや、あなたの決意や、あなたの意思も、現実の方はそのとおりには運ばせてくれないでしょう。
そしてあなたは、演じる前と現実に起きたことをすりあわせて、なんとかストーリーを仕上げます。現実と自分の思惑とのギャップを最小限にとどめるような、自分を納得させられるような説明をつくり上げるのです。

8割がた思った通りにことが運べば、あなたは「ほら、いつもこうして結局は思った通りになるんだ。私の意思、私の計画が世界を変えていくのだ」と宣言するのですが、実際は現実がまずあり、あなたがそれを都合よく説明しているだけなのではないですか?

いっそのこと、計画や、思惑や、意思など忘れて、まず起きることが起きるのに任せてみましょう。
あなたが何もしなくても、起きることが絶え間なく起き続けています。

そのあと、あなたは今までどおり、それを「私」と関連づけて説明したくなります。
「私」がどのように関わって、現実を変えていったかの説明です。
それをどうしてもしたいのなら、そうしてもいいでしょう。


つまり実際には、私が世界に働きかけ、世界を変えているのではなく、ただ起きることが起こり、私はそれに反応し、従い、そのあと急いで、「私」が考えたとおりにものごとが起きたという説明をつけているだけです.

「私」とは、主人公でも、主体者でも、意思を持った存在でもなく、起きることに反応している思考の集まりに過ぎません。

実際には、分離した存在など誰もおらず、全ては一元であるのがこの世界であり、その中に、私たちの身体や、思考が登場しては、現れを見せているだけだとしたら?

さきほど、「一言で言えば、そう見えているからです」と言いましたが、見えているのは、そのように慣らされてきたからです。

起きることがただ起きているのなら、そして、その因果関係など私達にわかっていないのだとすれば、なぜ世界は、今のように整然として存在できているのか?
そのような疑問を持つかもしれません。

例えば、植物の成長を見ていると、種から芽が出て、茎が伸び成長し、養分を吸収したり、太陽の光を浴びて光合成を行って、そしてやがて花を咲かせ、実がなって・・・という経過をたどっていると見えるでしょう。

これらのことは、その順序どおりに起こらないとならない。一つでも順序が変わったら、成長することに失敗するだろう。しかし、実際には期待した通りの成長を成し遂げている。ただ起きることが、起きていて、その順序も私たちは知らないのなら、どうしてそんなことが可能なのか?それでは、世界はデタラメになってしまうはずではないか?
と言った具合です。

しかし、それはこの世界に教えこまれてきた記憶と思考をもつ存在の言い分です。

もし他の世界から来た存在が私たちの世界を見としたら、まるで意味不明の抽象画に見えるかもしれません。

つまり、こういうことです。
整然とした世界が存在するのだから、起きることも秩序だって起きているはずと考えることも出来ます。
一方で、起きることがただ起きていて、その状態をなんとか意味を持つように認識できるように、われわれの認知の仕方を作り上げてきた。その結果として我々の目には整然と見えているだけであると考えてもおかしくはないわけです。

なぜこういう話を展開しているかといえば、もし起きることが我々のあずかり知らないところで起きていて、我々が考えていると思っていることは、それをあとづけで説明しているだけだとすれば?
もしそれが本来のわれわれの世界であれば、今とは、まったく違った生き方をしてもいいことになると言いたいからです。

つまり慎重に考えて行動しないと痛い目にあうというのが、単なる思い込み、思考習慣に過ぎず、考えてから行動するという順序は、見かけにすぎないとしたら?
まず起きることが起きて、それに対処するのが全てであって、それに説明をつけることは、本質的なことではないとしたら?

生きることは、思考がもたらす意思や努力が先行するのではなく、まず事が起こり、それに反応するだけで良いことになります。
そこでは、意思も努力も意味は無いことになります。
我々が世界に働きかけるのではなく、世界に反応する存在としての生き方です。

それでは我々は単なる操り人形で、随分受動的でしかない存在ではないかと思われるかもしれませんが、そう思うのは我々の意思が世界を動かしているという前提があるからそう思うわけです。

言ってみれば、我々は脚本を見せられずに、いきなり劇に参加して役者を演じろと言われているようなものです。全てはアドリブで演じなくてはなりません。しかし、それでいて、なぜか劇は意味のあるストーリーに仕上がっていきます。
慣れてくれば、それが当たり前の世界だと信じていくことになるでしょう。

今われわれが信じている世界も、自分の意思やストーリーで生きていると信じことをやめたとしたら、脚本のない劇に参加しているといっても、そう外れてはいません。実際、次に何が起きるかわからないのです。

もし我々に自由意思というものがあって、自分の思うとおりに行動していいよと言われているとして、実際にそのように行動しているでしょうか?

自分の行動を振り返ってみてください。
「なんのつながりもなく、自分が思いついたので、ある行動を起こそうと考えて行動した。」このようなことが、本当に起きていると確信できますか?
どれをとってみても、その前のつながりで行動している、というのが本当のところだとは言えないでしょうか?

それと結びついていますが、なぜ私たちは、自分の考えで起こした行動を、偶然によるものより意味があると考えたがるのでしょう?

それは、「私」というエゴを大事にするように思考を積み上げてきたからです。
エゴが何かを成し遂げることが、この思い込みを維持するために、どうしても必要なのです。

自分が意思を持ち、責任を取りさえすれば、自由に行動でき、競争には勝てばいいと考える今の世界は、本当にまともなのでしょうか?

自分になんの責任もなく起きたことに、責任を取れと強要され、自分もそう思って自分を痛めつける世界とは、正常だと思えるでしょうか?

起こることに任せると、世界はでたらめになるという根拠は何でしょう?
犯罪を犯す人間は、規則で縛らないからでしょうか?犯罪者の心理とは、その思考が異常に偏ってしまったからと考えるほうが自然です。思考だけが暴走したからです。

自然は、そんな異常な偏りは起こしません。人間の思考から見れば、理不尽なことも、全体から見れば必要があって起きているのです。

もう一度引用します。

肝心なことは、まず起きるままに起きることに溶け込みましょう。説明も「私」もどうでもいいのです。あらかじめ予定を立てたり、自分が現実を動かそうなどと何も考えずに、起きることに参加してみましょう。

それを繰り返すうちに、あなたはだんだんそのからくりに気がつくようになるでしょう。
あなたが考え、あなたの意思で現実を動かしていると説明付けて来たことが、現実だなんて、いかにペテンであったかを認めざるを得ません。

最初はショックかもしれません。そんな事実は見たくないでしょう。
あなたが動かしていると思っていた「あなたの世界」は、現実そのものではなかったのです。私のエゴは猛反発するでしょう。「そんなたわごとを信じるんじゃない!私がいなければ何も起こせないのだ。私を大切に扱いなさい!」
「考えずに動くなんて、そんな無謀なことをしてはいけない。」

まず起こることを起こらせましょう。あなたは何も気にせず、やりたくなったことに任せて動いていればいいのです。あるいは、何もしていることに気がつかないまま終わってから気がつくかもしれません。

結果は何も変わらないことを、正直に認められた時、あなたは無駄な神経をすり減らしてきたことが無駄だったことに驚き、しかし解放されたことに気がつくのです。


「私が消えてしまうなんて許せない。そんなことなら今のままでいい。」
そう思うのも問題はありません。これからもそう思っていて不都合はないでしょう。

しかし時には、『「私」も「あなた」も誰も実際にはいない。ただ一元(非二元)の世界があるだけだとしたら、私ならどう生きたいだろう?』
「起きることが、ただ起きては過ぎ去っていく」世界なら、あなたならどう生きるだろう?と考えてみるのも、悪くはありません。

どちらにせよ、「私」もいずれはいなくなります。
それまで、出来る限り「私」の演技を極めるのも一つの生き方です。
しかし「私」などいない、他に誰もいない世界を、起こるままに遊んでみることも一つです。本当に消え去るまで、毎瞬、毎瞬を生まれては消え去る波のように、思いっきり存在を示し切るのです。

「そこに静かにしようとする誰もいないとき、完全な沈黙があります」
完全な沈黙とは「私」の沈黙であり、同時にあらゆるものが活動する場でも在るのです。

コメント

非公開コメント

プロフィール

pao


老子の『タオ』とは、悩み・不安の解消、心理学的アプローチ、癒し・気づきのヒントがいっぱいのブログ。
読むだけで癒されるというコメントをいただいています。

<特定商取引法に基づく表示>
----------------------------
【販売者名】
 高田佳和
【運営責任者名】
 高田佳和
【所在地】
 京都府舞鶴市
【URL】
 タオに生きる
【Facebook】
 高田 佳和
 人生を変える「いいね!」セッション
【販売価格】
 事前にFC2ID管理画面の「決済/FC2ポイント」欄からFC2ポイントを購入し、購入したFC2ポイントを消費してコンテンツを購入して頂けます。
コンテンツの購入に必要な金額は、1ポイント=1円として計算し、各コンテンツ毎に異なります。
販売価格は各コンテンツ毎に表示しています。
▼参考URL
http://help.fc2.com/fc2id/manual/Home/point.html
【商品代金以外の費用】
 記事の閲覧やお申し込みなどにかかる通信費はお客様のご負担となります。
【商品引渡方法、引渡時期】
決済完了後、該当する記事を閲覧できます。
【返品に関する事項】
 商品の特性上、コンテンツ及びポイントの返品(キャンセル)は承れません。
【動作環境】
 下記URL先に記述されている、「推奨使用環境」を満たすデバイスが必要です。
購入前に当ブログが問題無く閲覧可能か、
必ず動作確認を行った上でご購入ください。
▼推奨使用環境
http://support.fc2.com/
----------------------------

ユーザータグ

ムージ OSHO バイロン・ケイティ ニサルガダッタ・マハラジ ジェフ・フォスター アジャシャンティ アラン・ワッツ ポジティブ宣言 Mooji 菜根譚 ルーミー DEEPEST ゲーテ 自由 ガンガジ コントロール Hsin タオイズムの本質とは何だろう 悲しみ 「THE Wu ACCPTANCE」 認めてもらおう Katie ケント・M・キース 逆説の十か条 ジョセフ・キャンベル コメント 電子書籍 アマゾン  Rumi 自分の中に毒を持て 仕事 義務感 ティク・ナット・ハーン 順序が逆 戒語 ラム・ダス KDP 行きづまり  ジョーン・トリフソン ニール・ドナルド・ウォルシュ パワハラ Byron Quotes パパジ カリール・ジブラン ロバート・アダムス ヘルメス・J・シャンブ 手放すための秘訣 喜び Kindle 選択とはすなわちこれ取捨の義なり 怖れ 傷つけられた 倉田百三 ココナラ シリーズ ちゃん見る 書籍 「ちゃん見る」シリーズ 平和 報われない 観察 you ティック・ナット・ハーン 自力 ちゃんと見ている、あなたがいるから! アシュターヴァクラ・ギーター クリシュナムルティ Tilopa 一方的な攻撃 心理学 marcandangel.com ガイ・フィンリー アイ・アム・ザット Joseph_Campbell まわりの人が変わってしまった 私は在る―ニサルガダッタ・マハラジとの対話 スヌーピーと仲間たちからの生きるヒント 王様と私 つかめないもの 借り物 何も悪くはない あなたの選択 恐れからの自由 Osho Empire やりたいからやってみよう パワー・ハラスメント OSHOtimes 預言者のことば 瞑想とは何ですか? ラマナ・マハリシ 誰の責任 しきい値 ミラクル・フォレスト シンプルに生きる 10人の男 言い訳しない ブッダ ブラックボックス 道のまん中が王道なのだ 人はわがままなもの 言語化 閾値 ブラックボックス的生き方 人生がレモンをくれたら 心理相談 この瞬間には至福だ 希望が出てくる もっと確信が持てる 悲惨は延期され得る 何でこんなに苦しい 其の未だ兆さざるは謀り易し 其の安きは持し易し いつまでも、学ぶべきことはある まちがいを犯したことのない者は 勇気が増す すっぱいブドウ 何を「ならぬこと」とするかを選択するのは自分です あなたのままで完璧だ 不愉快な人 自分のため まけおしみ 瞑想とは 表現してみる 今の思いつき 老子第六十四章 物足りなさ 思いの通り どちらがいいか迷ったら 望みは叶った 全面的に依存 嫌な感情を振り返る 変わるときには変わるものだ 相手の注目 私の選択をやめてみよう あるがままを受け入れる 何か足りない 自分の本当にやりたいこと できないことを望むこと―それがあなたのストレスの原 悪いことリスト 好き嫌い エピグラム 禁止されなければ くっついてみる 離れてみる 正しいかどうかでなく、どんな気分であるかに耳を傾け 夢見る人 性格 苦しいという思い なんであの人はいつもあんなやり方をするの! 和解しよう 天下の至柔は、天下の至堅を馳騁す ファウスト 人間は努力するかぎり迷うものである あわせる エピクテタス 不公平 ありのままの君が好きだよ 許すこと 革命 不機嫌 理解していないものは、所有していない ただそうである 誰でも自分がいちばん大切 五木寛之 事実をねじ曲げる ゴール 等身大の自分 私は私。あなたはあなた。 うんざりしているあなたへ 完結しない夢 人よりうまく生きよう 相手への期待 あなたのためにしてあげたのに 憂鬱 駆け引き 許せない 好きにさせてくれて、ありがとう。 思い切って生きる 迷うこと どうせやるなら私の気に入るやり方でやって 素直に受け入れる 性格を変えたい 許さない 必要なのは許可だけ 自分の信じること 期待しなければ 私とは実際誰なんでしょう? 内面の成長 頑張る人 わたしの責任はどこまで? 知止 知足 他人を変えるのは私の役目ではない 思考が作り出す感情 作られた世界、理想的ではない現実 お話好きの殿様 マザーテレサ 私のシナリオ( 四季 すべて受け入れることもしない やっても、やらなくても 自分を信頼する なぜ私のまわりには、自分をイライラさせる人が登場す はじめてここに居合わせたつもりで 拒まず  ごかそうれい 追体験 4つの質問 落胆や失望につきあっていても、どこにも行き着かない 父親との関係 疑似体験 降伏 公案 本当は何をしたいのですか? ドロレス・キャノン サレンダー 否定せず 自分の判断力を信頼する When 承認されること life gives lemons, いつまでも、何回でも、やり直せること お願いすること 疑心暗鬼を生ず すべての問題は「今、ここで」解決する 迷ったら 楽しい方 make あなたが王様 苦しめるのは誰でしょう 私だけのもの 野の花の装い 不愉快な思いをしたんだから、元を取ろうよ どれだけ自由になれるかは、自分自身への正直さにかか 怖い人 lemonade あなたのユニークさ 誰がなんと言おうと いきち 憎しみ バイロン・ケイティ・ワーク 必要の幻想 天国と地獄 手に入れるまでは 悪いことなんか何もしていない どうすればいいでしょう 慢性化 いい加減さを許せる自分 事実  悩み相談 勝ち犬と負け犬 説明しない なぜ苦痛 あなたは一度も落ち込んだりはしていない 純粋な感情 愛する人 愛される人 理由を付けない 私のとげは特別なの! 反逆 思考のための思考 自我のための自我 心理ゲーム 頭のなかのおしゃべり 独創的 感情を説明しない 時期を待つ 人生相談 慰める 振り返って見れば 憎しみの根 魔法の処方箋 与えるものが受け取るもの パパジ~『エゴ意識にサレンダー』 開放 いのちがあなたを生きている 真理の指輪 今のままでOK 引きずる 相手への依存 意見のくい違い うんざり やらずにいるのは怖い 慰められる 借りを返さない 批判する自分を体験する やりたくないこと 毒蛇は相手に持ち帰ってもらおう 失望の先延ばし でもそのままでいい 何ができるか 憎いし 嫌だし こんなに頑張っている 欲しいし 第四十七章 一歩も外に出ないで 期待に応える 期待する 親しい関係ほど気をつけたい思い込み 自分らしさとは 説明するものではない 私の本当に欲しいものとは まわりの人 動かない 前集107項 過去の経験 自分はどうしたいの? 原因探求 逃げごと 反応 急ぐことで今を台無しにしない 自慢話 ただちに対処します 手柄話 差し出口 良寛戒語 拈華微笑 ねんげみしょう 確かさに依存 期待しないものは最強 ケの日 ハレの日 ルール いまを振り返る季節 喜びは光だ 変容がなければ成長しない Physical Aspects Psychological 和尚 過去からくる感情 光と闇が交互に繰り返される もうダメなんでしょうか? 持っているもの それでも外側を探しますか ネットでのやりとり 個人的に受け取らない 何が期待できるかを知ること やってもやらなくてもかまわない 束縛されたくない 振り子の法則 両極は同時には成り立たない どうしていてはいけないの? 期待を落とす 期待で生きる 行き過ぎた 見限る 結果にとらわれる 認められたい イライラ解消法 自足 StartSmiling 実は決まっている 正体 タオイズムの本質 説明 邯鄲の夢 客観視 自分の事情 自分を忘れる 笑い出してごらん たったそれだけで おぼえがき 微明 混沌に耐えてとどまる 自分以外のもの ヴァーノン・ハワード 老子道徳経第36章 小魚を煮るように 自分の判断に不安を感じるのはなぜだろう なかったことにしようと ありのままに、そのままのサイズで いき値 隣の芝生は青い かんたんのゆめ 邯鄲の枕 時間をかけて 本当の自分 群盲象を評す 自分の世界 非選択 今の自分 事来たりて心始めて現れ、事去りて心随いて空し ねたむ 腹立たす ルールがないのが唯一のルール 家族のマネージメント 前集97項 現実を見る 妥協してみる 千代女 裁く人 「朝顔につるべ取られてもらい水」 水たまらねば月も宿らず 黄粱の一炊 許可する人 大知閑閑 斉物論篇 言語 小言 大言炎炎 小知 Of Pain. 『草枕』 Why 『生き方のインストラクション18』 サミュエル・スマイルス 感情そのものになってみる 間違いをおかさない人は do run 自分を疑わない 本当にやりたいことを見つける 色即是空を語る なぜさまよい惑うのか?(2010改正版) ?/ 私の側に来なさい 過去を捨て去る 正法眼蔵 若い感情 道元 より良い人なんて必要ない 相田みつお 老いたる思想 変わる エゴ的反応の仕組み 親の責務 競争とは たいせつなこと 単純になることのメリット 2つの方法 問題は起きる前に対処する 受動的な観察 持つこと よくあるゲーム 頑固な人 苦しみの終焉 ザ・ワーク バイロン・ケイティ~ケイティ語録 by エゴの偽装 苦手な人 マイナス・イオン プラス・イオン LovingLiving 恐れの正体とは? 手放すこと 黄金律 相手が私に借りがあるのに、忘れて返していない時は 他人との関係の中でとらえる自分 ルールに従う 逆風と闘わないこと 抵抗ゼロの進み方 私も悪いけどあっちも悪い 無条件の受け入れ ドラマチック 自分への信頼 共感 自分から折れる E.E.カミングス ただ在ることができるのなら やりたいことをやる アリス 目的を外して Online 非公開コメントについてのお願い エゴは欺く チェシャ猫 疑心暗鬼 ニューヨーク サン紙 サンタクロースはいるの? 関係性の中の鏡 疑い 人間 神様 世界は私の投影だ 自分を解放  気分が滅入る 復讐 ドンキホーテ リラックス 本当の望み この瞬間 自我と付き合う あらゆる苦しさの源には パラドクス バージニア・オハンロン Virginia フィルター 相手が描くままに あなたの生命を生かしなさい 犯人を作り出さない さあ、今すぐ、始めなさい。 黄金の鍵 ウサギとカメ 神さまよりしあわせ 神との対話 感覚と美の関係 私の共謀 友達は第二の自己である 力です。 魔法であり、 ディスカヴァー・トゥエンティワン メリークリスマス アインシュタイン150の言葉 遠くにある夢ではなく O'Hanlon 人生はゲームである 翼が必要だ! 明けましておめでとうございます 向こう見ずは天才であり、 何を求めないかを決める からっぽになろう でも、いつからにしたら? 考えるだけで憂鬱 はかなさとのつきあい 網の目 あなたの人生をコントロールする必要はない Web Charlotte's あるがままを愛すること シャーロットのおくりもの リチャード・カールスン strawman すり替え 誘導 論理の誤り special_pleading slippery_slope 裁くのをやめましょう doer 混沌 筆舌に尽くしがたい 箴言と省察 かくれんぼ バーノン・ハワード 空虚な貪欲さ なんであろうと起こることが起こります Wu_Hsin 非二元の解釈の試み そのままでいてもいいこと 今を受け入れる 第七感 トニー・パーソンズ 騙しの手口 Acceptance Present ライフレッスン プレゼント marcandengel.com 結婚 遊び Stop Worrying Brain ドン・ミゲル・ルイス 条件 LOVE YOU 楽しみ Non-Attachment おそれ 観察者 わけもなく幸せ 愛すべき7つの理屈 ハリール・ジブラーン 理不尽な攻撃 最良の出口 In5D TenRulesForBeingHuman 独行道 宮本武蔵 全面的にかかわれたら 絶対の降伏 absolute-surrender すべてを投入 感情や恐れを扱う 意識は未知なるものに恋する 犬は彼が犬であることを知らない 信頼の甘露 心に痛みをもたらすもの 視覚化 ビジュアライズ 誤解 エックハルト 失われた著作 2つの恐れ Tumblr ばかに見えるのが怖い 考える人 子ども 成りゆき 自発的 ビリーバー quietness 人生の秘密 動揺 深刻にならないで スーザン・トロット マイケル・キューリー 山頂の聖人 私は知りません ジャンプ StumbleUpon ヘルメス・J マルクス・アウレリウス あら探し Rogers R. R.ロジャース Carl 生活と一枚の宗教 賢者の極意 変わることのない証人 すべていまここにある 私ならぬもの Sway セルフ-静寂-のままでいてください カール Bodhidharma Ego Feeding 領域 自由意志 ・シャンプ Habits 犠牲 無視 達磨大師 幽霊 「”それ”は在る」 我慢 厄介な人々 marcandangel 期待すること 期待できないこと U.G.クリシュナムルティ 陰口 あなたが怖がらなくなる時 相手の狙い通り J.クリシュナムーティ 「自我の終焉」 「ルーミー・その友に出会う旅」 取り残されますよ! エハン・デラヴイ 「タブーの書」 タブーの書 ギョーム・アポリネール ACCEPTANCE」 スコット・スタービレ タオイストの瞑想録 Aurobindo Sri 優しさ アダム・ティー マルクス・アウレーリウス アンソニー・デ・メロ Fortenberry ジェフ・フォスター「THE Rick もしここが天国だったら? ただそのままでいるための超簡約指南 「迫害者」 「救助者」 私がちゃんと知ってるからね 困惑 個人的に受け取り続けない フランシス・ルシール 恐れのもとは誰だろう? 怒りと復讐 当惑 当惑を取り扱う ジェニファー・マシューズ 個人の物語 惨めさの原因 至福は起こるものではない。それはすでにそこにあるも なんという不平等なきまりだ! 奇跡の森 誰でもない人から、すべての人へ 上を乗り越えようか? 仕事を楽しむ 戦うべきか? 象使いはもういないのです 「被害者」 カール・ユング オルダス・ハクスリー ダライ・ラマ ジッドゥ・クリシュナムルティ トーマス・レナード オショー Wu-Hsin 3つの選択 あるがままの存在 気に入らないと判定しているのは? 自分を責めることは 他力 新しい試み ACCEPTANCE 使命 苦痛と楽しみ 何も欠けていないと悟れば オグ・マンディーノ スローダウン 失敗を繰り返す あなたの中の3つの自分 人の悪口は魅力的? THE Instagram すべてのことは、朝には変わっています。 あなたなしで生きることができません あなたの世界の終わり 知っておくべき最も重要な10の質問 風を追いかけて 愚かさと賢明さ 有害な人々 人生の素のままのエネルギー 対立するもの ただ無関心になりなさい あなたのビートを自然に合わせよう ただあなた自身であること miracleforest リラックスしなさい すでに誰であるかを知る 状況 経験を繰り返そうとする 達磨 マインドフルネス 自然のペース 自分自身を愛する 永遠の平和 心を空っぽに 認識 不幸 概念 現在の瞬間のままに トラブル 自分を受け入れることに集中してください 特別な出来事 起こったこと 否認する 思い通り 偏り 二の矢 対象 本物の自分 豊かさ いま 無駄な一日? 物語の証人 不完全であるのを許して Papaji 安心 あなた自身であること サダグル 魂のレッスン ゲイリー・ズッカブ 燃えつきる 「悟りは日常生活の中に」 制約と自由 ラムサ 不安な時 自分で考える 考えるな、感じろ 今に生きる 自分自身の救い主となれ! うつ 人間関係のトラブルを生み出さないヒント 大切なのは勇気だ。想像力だ チャップリン 変化に逆らわない スズメ 戦わない 別の方法 恨んでいませんか? 第2弾 真の祈りへの三つの段階 ヘンリ・ナウエン 差し伸べられる手 第3弾 落ち込む 今は答えを出せない 作られた欲望 心穏やか ありのままの大きさで 不必要な要求 理想の自分 説明できないといけませんか? 他人の反応 意思 望むもの 感情とのつきあい方 アニータ・ムージャーニ 同じレベルの意識 限界を認める 意固地 言い返してやりたいと思う時 人間関係の悩み1 希望 願望 コピー人間 one only しがみつく 子供たち あなたは何を恐れているのか? 頭にくる相手 迷ったら楽しい方を選ぼう あなたの望み 成熟をした者 探し物はなんですか Yahoo!知恵袋 自分ひとりで考えてみる とんでもないパワー 自己管理 アリとキリギリス 臆病 勇気 非人情の世界に逍遥 こころは平安を作り出せるか 疲れた時 精神的にまいっている時 その場の出会い YESーBUT 新しいことに挑戦 今日庵 堂々巡りをやめる 動的なバランス 不安になるのは当たり前 セルバンテス ドン・キホーテ 宮沢賢治 セロひきのゴーシュ あなたの説得を待っている 条件付き承認 お行儀よくしなさい 答えが落ちてくるのを待つ 神秘的 こころの新陳代謝 無条件の承認 あの人はそういう人だから 永遠不変 もがき あずける 老子第五十三章 大きな道は平坦で 自分自身に満足できる 不幸のタネ 自己実現 iPhone無料アプリ 判断を保留する suspension-of-judgment エポケー 空っぽにしたなら 今日のあなたにピッタリの言葉かも? 私が何かになること 豊潤な命そのもの ちっぽけな自分 私とあなた 人生は不公平なもの 取り込み 「いま、ここ」での反応 イジワルなあなた わかりきったこと 内にある恐れ 外にある恐れ 過去は捨てられない? もっと力強い自分 もっと単純 ダグラス・ハーディング 頭がない方法 何かを始める時 マイスター・エックハルト 相手が語るままを聞く あなたがつまずく所 Nisargadatta 莊子 YODA ヨーダ 人生の意味 苦しませるもの 普通にあるもの 最も単純 幸せ ジョゼフ・キャンベル 強迫的 あなた自身を信頼しなさい 世界で一番大きな恐れ let_go 将来 非個人的 マーク・トウェイン ニーチェ 5つの必要条件  レナード・コーエン non-duality 非二元 欲しいものが手に入ったら 間違ったもの 落ちつかない これのこと Jeff ジョーイ・ロット PDF 循環する考え 怖がらない Foster 思考と感情 計画なし 安堵感 あなたらしさ ストーリー たいくつ病 強迫観念 Byron_Katie 言い争い I_AM_THAT 愛情とは あなたの考えを問い直しなさい あなたの考えで遊んでみて ワーク Work 忍耐 最高の防御 まず受け入れて Sunyata void 私は思考ではない 損得 水たまらねば月もやどらず 何も拒んではならない 誰を恐れる? つらい あせる うまくいっていないなら 何にもしがみついてはならない 批判したい相手 家族 同僚 答えは最初から自分の中に 二の矢を受ける 自分への勝利 誰のせい more パートナー 困難な時 Way Headless The 退屈 自分自身と仲良くなる やり直し less 苦痛が消える心理学 上司・同僚・家族 憂鬱・イライラ 上司 手に入らないものは必要ないもの 本当にそれでいいの? 変化を怖れない 与えられる喜び 争い 達成 バイロンケイティ 主人公 映画 人生にあなたを運ばせるのです 次の瞬間 自分が生き易い世界に 抵抗する 信じたいものを容易に信じてしまう VastStillness 依存症 自分を否定 このままでいいんだよ どうすればいい 自分を知る 95% 感情が訴えかけるもの 対人関係の問題 思い切って飛び込めば 起こるままに 探し物 あなたの悩み 自分の判断 がんばる