まるで、「誰の責任」かをはっきりさせれば、問題自体が解決するかのように思っているのだ。

「誰の責任」 

あなたは、いつか認識せざるを得ない時が来るだろう、
それはあなたがある人たちに対して、決して充分に相手のために対応できないだろうということである。
しかし、問うべきなのは、こうだ。それはあなたの問題なのか?それとも彼ら自身の問題なのか?ということだ。



私たちは、普段から「これは誰の責任なのか?」をはっきりさせるように教育されている。
まるで、「誰の責任」かをはっきりさせれば、問題自体が解決するかのように思っているのだ。

そして、自分の責任でないとわかれば、自分は役割から解放されたと考える。

ときには、どちらが問題なのか言い争うことにもなるだろう。

「誰の責任」かを明らかにすれば、本来の問題点が何かということよりも、大事なことになっているようだ。

ある段階では、他人の問題なのに、自分が責任を感じて自分を苦しめるのが問題だという人がいるだろう。そういう人がいる限り、逆に自分の問題であっても、他人のせいにしてしまえば、問題がなくなると思ってしまう人も登場することになる。

この段階では、自分の課題はどこまでなのかをはっきりさせれば、一旦は解決できるだろう。

しかし、やがてもっと根本的な解決にまで至るかもしれない。
それは、誰の課題なのかということよりも、自分に起こってくることは、起こるべくして起こってくることであり、すべて受け入れるということである。

対策を考えるのではなく、ただそれらを起きてくるままに受け入れるということだ。

そんなことをしたら大変なことになると、恐怖を感じる人もいるだろう。
自分の運命をいくらかでも自分の関わりによってコントロールしないと、不安でしょうがないのだ。

しかし、心配することはない。そのような考えは、今まで教え込まれてきた考えに支配されているからに過ぎない。

あなたが何を考えようと、起こることは起こるし、
あなたが何も考えなくても、起こることは起こるのだ。

それであれば、すべてを受け入れると決めてしまえば、あなたは無駄な抵抗でエネルギーを費やす必要はなくなる。その分、あなたはあなた自身でいることに専念できるのだから。
それこそが、あなたが絶えずどこかにあると思って、外側に探し求めてきた無駄なあがきから解放されるときなのだ。

それは、最初から、あなたの中にあった答えだったのだ。

あなたが、そのように変わったとしても、外側に見える世界では、依然として同じことが起こり続けるだろう。それは何も変わらない、しかし、あなた自身は負担から解放されるのだ。あなたはただ自分であればいい。抵抗に囲まれる世界から開放されるのだ。



関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

pao


老子の『タオ』とは、悩み・不安の解消、心理学的アプローチ、癒し・気づきのヒントがいっぱいのブログ。
読むだけで癒されるというコメントをいただいています。

<特定商取引法に基づく表示>
----------------------------
【販売者名】
 高田佳和
【運営責任者名】
 高田佳和
【所在地】
 京都府舞鶴市
【URL】
 タオに生きる
【Facebook】
 高田 佳和
 人生を変える「いいね!」セッション
【販売価格】
 事前にFC2ID管理画面の「決済/FC2ポイント」欄からFC2ポイントを購入し、購入したFC2ポイントを消費してコンテンツを購入して頂けます。
コンテンツの購入に必要な金額は、1ポイント=1円として計算し、各コンテンツ毎に異なります。
販売価格は各コンテンツ毎に表示しています。
▼参考URL
http://help.fc2.com/fc2id/manual/Home/point.html
【商品代金以外の費用】
 記事の閲覧やお申し込みなどにかかる通信費はお客様のご負担となります。
【商品引渡方法、引渡時期】
決済完了後、該当する記事を閲覧できます。
【返品に関する事項】
 商品の特性上、コンテンツ及びポイントの返品(キャンセル)は承れません。
【動作環境】
 下記URL先に記述されている、「推奨使用環境」を満たすデバイスが必要です。
購入前に当ブログが問題無く閲覧可能か、
必ず動作確認を行った上でご購入ください。
▼推奨使用環境
http://support.fc2.com/
----------------------------