絶望からの解放/苦しむことは無駄だ

精神的に苦しむのはイヤだと誰もが思っているでしょう。

しかし本気で「精神的に苦しむことはむだだ」と言い切る人はどれだけいるでしょうか。

「精神的に苦しむことはむだだ」と言い切るのに躊躇するのは、必要でない苦しみであっても時にはそれは必要なものであり、実際に生きていく上で避けられないものだとどこかで信じ込んでいるからです。

そういうことも人生の一部だから、まったく苦しみを排除することはできないというのが、実際に信じていることだからです。

しかしそれはどこでそのように信じ込んだかはわかりませんが、必要であると信じることはありません。

精神的に苦しみながら生きるのか、それを拒否するかはあなたの選択次第だからです。

苦痛メンタル


たしかに、苦しみは人生には必要なものであるとか避けられないものだと、真に迫った訴えが聞こえてくるかもしれませんが、それを信じなければいけない理由などありません。

苦しみに対して自分がどういう態度をとるかは、自分で選択できるわけですから、自分を絶望に追い込むような状況が起きてきても、それに身を任せる必要などないわけです。

それは、起きたことを否定したり見ないふりをすることではなく、そのような状況だから苦しみに落ち込まなければならないという思い込みを拒否することが出来ると言うことです。

何か重要な問題に悩んでいる人は、このように考えがちです。

「この問題が片づかなければ何も考える気になれない。」
「この問題さえ解決すれば本来の自分が取り戻せるのだが、今は何も出来ない」
「この本題さえ片づけば自分の人生を生きることに戻れるだろう」等々です。

そこでは、目の前の問題が大きく目の前に立ちふさがっていて、そこを離れた位置から世界を見ることが出来なくなっているのです。

その人がいくら想像をたくましくしても、見えて来るのはせいぜいその問題の解決策だけなのです。
ですから、その課題を超えたところにある世界など想像もつかないわけで、その人が夢見る世界があってもそのレベルを超えては見ることが出来ないのです。

その閉塞感を抜け出さない限り、苦しみのない世界など想像がつきません。

夢見る女性


苦しみは避けられないものだから、せめて気をそらすような慰みをもとめて一時的な逃避をすることが、人生の癒しだと思ってしまうのです。

そのような癒しを求めていること自体、苦しみは避けられないという確信をより強化していることになるのです。

そんなやり方では、現実に戻った瞬間に淡い幻想に過ぎなかったことを思い出すだけというのは何度も経験していることではないですか。

そのような誘いに乗っていないで、苦しみそのものを拒否した方がいいに決まっています。

あるいは、苦しみを避けるために幸福を追い求めます。
しかし幸せを必死で探し求めている間は、逆に不幸は続いてしまいます。

もはや幸せなど求める必要がない、そのように感じられること自体が幸せであることに気づかないといけません。

もっと自信を持てる人に早くなりたいと思っていたのでは、自分への不信感はいつまでもなくなりません。
つまり将来に今より改善された自分を見つけようとする試みは、いつまでも過去の自分を引きずっているだけだということです。

このような自己改造では、いつまでたっても目の前の問題を起源とする解決策探しに終わってしまい、根本的な自己変革は起こりようがありません。

ためいき1


絶望から解放されるためには、いま思っている様な解決策はすべて役に立たないと認め、まずはいまの自分のやり方に絶望しきってしまうことです。

いつまでも「いまの小細工で事態が大きく変わるときが来る」などと希望を抱くのをあきらめてしまうことです。

そうやって手近な拠り所をすべて放り出した状態に入ることは、不安で仕方ないかもしれません。

しかしそうやって今の役に立たない視点を捨てたことで、それらを見下ろす一段上の位置からの視点が持てるようになります。

この問題さえ片付けば考えられると先延ばしをしていた自分が見えてきます。

「この問題が片付いてしまったらその後どうしよう」という問いかけにたいして、実は何も見ようとしていなかった自分が見えてきます。

苦しみがなくなったらどうするか、まさにその状態にいる自分が想像すら出来ていなかったことを発見するのです。

想像も出来なかったのですから、そのような自分に到達することなど、そもそもかなわないことだったわけです。

苦しみから解放されたら、そのようなものから逃れようとする気苦労から解放されたら、その時どうしたいと思うのか。
まさにこれをを考えられるようになったとき、苦しみから解放が待っています。

それは、今までのような既存の問題に対する解決のような用意されたものではなく、まさにその場で起きてくる発見の連続であるはずです。

絶望からの解放とは、まずは今の自分の信じているやり方にすべて絶望しそれらを諦めきることが出発点なのです。
今のやり方が不要なものであったと悟ったとき、初めて苦しみのない状態で生きることがどういうものかを見始めることが出来るのです。


気に入っていただけたら応援お願いします ↓↓
 人気ブログランキングへ 




[関連記事]
絶望はあなたを解放する
苦痛から抜け出すために/向き合うこと

関連記事

コメント

りい子☆

こんにちは^^
「苦しみに対して自分がどういう態度をとるかは、自分で選択できる」というところ納得します。
苦しみは、その人の受けとめ方によるような気がしますね~。
私は今まで、色んなことに関して苦しいと思ったことがないんですよね~。(あまり深く考えていない??)
たぶんこれから色々と考えなくてはならない事も出てくると思いますが、できれば苦しみと思わず対応していきたいですね。

こちくん

No title
ある程度のガマンは必要でしょうけど、苦しむほどの我慢は不要かもしれませんねぇ
ちょっと納得。

まぁ簡単に逃げるわけにもいかないので・・・
原因を考えるといい解決法があるものかもしれませんね~

pao

Re: こんにちは^^
> 「苦しみに対して自分がどういう態度をとるかは、自分で選択できる」というところ納得します。
> 苦しみは、その人の受けとめ方によるような気がしますね~。
> 私は今まで、色んなことに関して苦しいと思ったことがないんですよね~。(あまり深く考えていない??)
> たぶんこれから色々と考えなくてはならない事も出てくると思いますが、できれば苦しみと思わず対応していきたいですね。

苦しさの中に入り込んでしまうと、そこから抜け出た状態を見る余裕がなくなってしまい、堂々巡りになってしまうことがあります。
そうなると元々自分が選択した状態だと理解するのが難しい訳ですね。
第三者から見ればすぐに気がつくような抜け道に気づけなくなるのです。

pao

Re: こちくんさん
> ある程度のガマンは必要でしょうけど、苦しむほどの我慢は不要かもしれませんねぇ
> ちょっと納得。
>
> まぁ簡単に逃げるわけにもいかないので・・・
> 原因を考えるといい解決法があるものかもしれませんね~

おそらく自分が我慢していることに気づけているときは、まだ自分の状態を振り返る余裕があるのでしょう。
我慢している意識もなく、苦しい状態に入り込んでしまうということがあるのかも知れません。

sachiko

No title
>精神的に苦しみながら生きるのか、それを拒否するかはあなたの選択次第だからです。
>今のやり方が不要なものであったと悟ったとき、初めて苦しみのない状態で生きることがどういうものかを見始めることが出来るのです。

まだまだ本当の苦しみを知らない方に対するコラムのように思います。
人間には情があります。選択次第で解決出来るような苦しみは悩むに値しない苦しみです。

>もはや幸せなど求める必要がない、そのように感じられること自体が幸せであることに気づかないといけません。
解決出来ない苦しみを体験すると、欲望も失せ、その日その日を乗り越えて、本当に「幸せ」を感じてくるものです。
実感しています。

pao

Re: sachikoさん
> >精神的に苦しみながら生きるのか、それを拒否するかはあなたの選択次第だからです。
> >今のやり方が不要なものであったと悟ったとき、初めて苦しみのない状態で生きることがどういうものかを見始めることが出来るのです。
>
> まだまだ本当の苦しみを知らない方に対するコラムのように思います。
> 人間には情があります。選択次第で解決出来るような苦しみは悩むに値しない苦しみです。
>
> >もはや幸せなど求める必要がない、そのように感じられること自体が幸せであることに気づかないといけません。
> 解決出来ない苦しみを体験すると、欲望も失せ、その日その日を乗り越えて、本当に「幸せ」を感じてくるものです。
> 実感しています。

ここでの要点とは誰が選択権を持っているかと言うことです。
つまり自分の苦しさに関してはどんなに大変でも自分で選べると言うことであり、
逆に他人の苦しさは他の人から見てどんなに簡単なことに見えても、
その人が選択しない限り変えることはできません。

苦しさの程度には関係なく、
選択次第だからこそ自分で変えられるという希望があるわけですし、
逆に選択を放棄し続ける限り、苦しさはいつまでも終わらないということです。


ten

> それは、今までのような既存の問題に対する解決のような用意されたものではなく、まさにその場で起きてくる発見の連続であるはずです

「まさにその場で起きてくる発見の連続」とはどういうことなんでしょう。未来により改善している自分を見出そうとすることをやめると、何を発見できるようになるのかがよくわかりません。

pao

Re: タイトルなし
> > それは、今までのような既存の問題に対する解決のような用意されたものではなく、まさにその場で起きてくる発見の連続であるはずです
>
> 「まさにその場で起きてくる発見の連続」とはどういうことなんでしょう。未来により改善している自分を見出そうとすることをやめると、何を発見できるようになるのかがよくわかりません。

「まさにその場で起きてくる発見の連続」とは、期待や予測で作り変えられたものを見るのではなく、ただそのまま起きていることの発見を見ていくということです。
「未来により改善している自分を見出そうとする」というのは、まさに期待や予測で作られたものを見ているわけで、それを捨てようということです。
未来は改善されているはずというのが、そもそも歪められた見方だということです。もっと言えば、自分の意志の力で未来を変えられると思っていることが錯覚にすぎないということです。
それじゃあ自分では何も出来ないということじゃないかと言われるかもしれませんが、それが実際に起きている変化なのだということを自分を静止させてそのまま見ていることで発見があるということです。
非公開コメント

プロフィール

pao


老子の『タオ』とは、悩み・不安の解消、心理学的アプローチ、癒し・気づきのヒントがいっぱいのブログ。
読むだけで癒されるというコメントをいただいています。

<特定商取引法に基づく表示>
----------------------------
【販売者名】
 高田佳和
【運営責任者名】
 高田佳和
【所在地】
 京都府舞鶴市
【URL】
 タオに生きる
【Facebook】
 高田 佳和
 人生を変える「いいね!」セッション
【販売価格】
 事前にFC2ID管理画面の「決済/FC2ポイント」欄からFC2ポイントを購入し、購入したFC2ポイントを消費してコンテンツを購入して頂けます。
コンテンツの購入に必要な金額は、1ポイント=1円として計算し、各コンテンツ毎に異なります。
販売価格は各コンテンツ毎に表示しています。
▼参考URL
http://help.fc2.com/fc2id/manual/Home/point.html
【商品代金以外の費用】
 記事の閲覧やお申し込みなどにかかる通信費はお客様のご負担となります。
【商品引渡方法、引渡時期】
決済完了後、該当する記事を閲覧できます。
【返品に関する事項】
 商品の特性上、コンテンツ及びポイントの返品(キャンセル)は承れません。
【動作環境】
 下記URL先に記述されている、「推奨使用環境」を満たすデバイスが必要です。
購入前に当ブログが問題無く閲覧可能か、
必ず動作確認を行った上でご購入ください。
▼推奨使用環境
http://support.fc2.com/
----------------------------